家庭科

バナナの旬は一年中?食べごろの見分け方や品種について管理栄養士が詳しくわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事ではバナナの旬や品種、食べごろの見分け方について解説していくぞ。バナナは一年中スーパーで売られているよな。実はバナナの旬は国産と輸入によって違うみたいだ。購入したあとも追熟することで美味しく食べられるぞ。その方法についても管理栄養士のツキアオイと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ツキアオイ

1児の母として育児に奮闘中の管理栄養士ライター。毎朝バナナヨーグルトを食べるためにバナナを切らさないよう心掛けている。病院や介護施設での経験を活かし、食に関して分かりやすく解説する。

国産と輸入での旬の違い

image by iStockphoto

バナナはフィリピンやエクアドルといった熱帯地域が主な生産地です。輸入物のバナナは時期をずらして栽培し、一年中安定して収穫されています。そのため旬はありません。

ただし国産のバナナには旬があります。品種によって異なりますが、7月から9月が旬であるバナナが主です。国産のバナナは沖縄や奄美大島といった限られた地域でしか栽培されていない貴重な品種ですよ。旬の時期に手に入ったら是非とも食べてみたいですね。

バナナの食べごろは?

image by iStockphoto

店頭に並ぶバナナの9割が輸入されたものです。害虫予防のために青いままで輸入され、日本国内で追熟されているのですよ。とはいえ黄色いバナナでも食べごろがあります。その見極め方について見ていきましょう。

色と固さで判断しよう!

バナナを触ってみて固いものは黄色くてもまだ未熟なバナナです。逆に熟しすぎて皮が剥けないくらいにブヨブヨになっているバナナは、腐敗し始めている可能性があるので食べないようにしましょう。

また、皮に「シュガースポット」と呼ばれる黒い斑点が出てくると完熟された証拠です。腐ったわけではないので捨てずに食べてくださいね。甘味が増して美味しいですよ。完熟したバナナはポリフェノールの含有量も増加しています。ポリフェノールには抗酸化作用があるので完熟バナナは栄養面でもおすすめですよ。

追熟の方法は?

ご家庭で食べごろのバナナを食べるためには追熟が必要です。バナナの追熟に適した温度は15~20度。常温で数日置くことで追熟ができますよ。ただし13度以下になると追熟せず低温障害を起こしてしまいます。これでは甘くなりません。冬場は新聞紙で包んで温かい部屋へ置くなどして、冷やし過ぎないようにしてくださいね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

購入する時の見分け方は房がしっかりしていて大きく丸みのあるものがおすすめだぞ。皮に傷があるものは痛みやすいから注意が必要だ。次はバナナの品種について解説していくぞ。

\次のページで「バナナの主な品種5選」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: