雑学

JPEGとTIFFの違いは?TIFFはWebで使えない?HEICやPNG、GIFの特徴もIT雑学ライターが詳しくわかりやすく解説

この記事ではJPEGとTIFFの違いについてみていきます。どちらも画像ファイル用の拡張子として知られていますね。ところがそれぞれのファイルの性質により、おすすめの用途などが違うようです。今回はJPEGとTIFFのファイルの違いや他の画像ファイルについても、IT雑学に詳しいれおな=007一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

一般企業に勤務する傍ら執筆活動を続けるwebライター。得意分野はITはもとより、言葉の意味をはじめとする雑学など多岐に及ぶ。趣味でIT関連の学習をしており、学んだ内容をもとに本記事を執筆していく。

JPEGとTIFFの大まかな違いは?

画像ファイルに使われるJPEGとTIFFの拡張子の違いをご存知でしょうか。本項ではそれぞれの拡張子を使ったファイルの特徴を大まかに比較していきましょう。

JPEG:汎用性の高い画像ファイル

image by iStockphoto

JPEGというファイル形式は、Webサイト用の画像一般的なデジカメで撮影した写真の多くで使われています。編集及び保存時に画質設定を選択することによって、ファイルサイズの縮小が可能です。

TIFF:自由度の高い画像ファイル

image by iStockphoto

TIFFははJPEGに比べて自由度の高い画像ファイルです。具体的には透過性の再現複数の画像を1つのファイルとして保存することなどが挙げられます。このファイル形式はデジタル一眼レフで撮影した写真や、FAXなどで見ることがあるかもしれません。

違いその1.圧縮方式

画像ファイルであるJPEGとTIFFは、圧縮方式が違います。本項ではそれぞれのファイルの圧縮方式を確認し、ファイルサイズなどの特徴についても比較していきましょう。

JPEG:非可逆圧縮が基本

JPEGというファイルは非可逆圧縮が基本です。保存時に任意で画質の程度を選択しますが、一度の圧縮では人間の感覚では気づかない程度と言われています。もちろん画質を落として保存したり何度も編集して書き出したりすると、ぼやけたり本来とは違う色味の部分が出てきたりして元の画質を再現できません。

\次のページで「TIFF:可逆圧縮」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
れおな=007