現代社会

米騒動で首相の座を追われた「寺内正毅」とは?その生涯や政治家としての功績などを歴史好きライターがわかりやすく解説

今回は、寺内正毅について学んでいこう。

寺内は陸軍出身の政治家で、政党政治を行わない超然内閣を組織したことでも知られるな。ですが、米騒動の責任を取って内閣は総辞職した。なぜそんなことになったのか、知りたい人も多いでしょう。

寺内正毅の生涯や政治家としての功績などを、日本史に詳しいライターのタケルと一緒に解説していきます。

ライター/タケル

資格取得マニアで、士業だけでなく介護職員初任者研修なども受講した経験あり。現在は幅広い知識を駆使してwebライターとして活動中。

若き頃の寺内正毅

image by iStockphoto

まずは、従軍に明け暮れていた寺内正毅の若い頃について見ていくことにしましょう。

戊辰戦争に参加

寺内正毅(てらうちまさたけ)は、1852(嘉永5)年に現在の山口県で生まれました。ペリーが黒船を率いて初めて浦賀に来航したのが、その翌年の1853(嘉永6)年です。父は長州藩士の宇多田正輔でした。寺内はのちに母方の実家の養子となり、それから寺内姓を名乗ります。

幼少の頃から寺内は長州藩の部隊に所属。銃の操作や国学を学びました。その後、寺内は10代半ばにして倒幕軍の一員となり、1868(慶応4)年から始まった戊辰戦争に参加します。寺内は転戦を重ねた倒幕軍とともに北上し、現在の北海道函館市で起こった箱館戦争にも加わりました

西南戦争に参加

1877(明治10)年、明治新政府に不満を持つ士族が西南戦争(西南の役)を起こしました。中心となったのが、明治六年の政変で下野していた西郷隆盛です。明治維新後に西洋式の兵術を学んでいた寺内正毅は、新政府軍の軍人として西南戦争に参加します。寺内は前線での戦闘を自ら志願しました。

近衛連隊の中隊長として西南戦争に出陣した寺内。しかし、最大の激戦地となった田原坂で右腕を負傷し自由を失います。それ以降、寺内は実戦の場から離れることになりました。そのことがきっかけで、寺内は軍の教育や軍政に力を注ぐ方面に進みます

\次のページで「軍人としての寺内正毅」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: