言葉雑学

howeverとbut の違いとは?文法的な違いや使い分け・例文も雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではhoweverと but の違いについてみていくぞ。どちらも「しかし」を意味する英単語だよな。みんなも英語を学んでいれば、何度か聞いたことがあるだろう。同じ意味でも、実は両者には文法的な違いや使われる場面に違いがあるそうだ。
今回はそんなhoweverとbut の違いを、文法から確認しながら、雑学好き現役大学院生ライターのききと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

howeverとbutとは?

image by iStockphoto

英語で欠かせないhoweverとbutどちらも「しかし」や「ところが」、「しかしながら」など例外を表現するための言葉ですよね。英単語を覚える時に、howeverとbutはよくセットで覚えられがちですが、両者には違いはあるのでしょうか?ここから、howeverとbutの違いと例文をいくつかご紹介していきます。

howeverとbutの違いとは?

「しかし」などの逆説の意味で使われるhoweverとbut。日本語に訳すと同じ意味になりますが、実は細かい使い方の違いがあります。結論として、howeverは「副詞」で、butは「接続詞」であることから、使い方が異なってくるのです。ここから、howeverとbutの文法的な違いについてみていきましょう。

however:副詞で「それにも関わらず」という意味

howeverとは「それにも関わらず」や「しかし」といった意味を持ちます。howeverの品詞は副詞で、文全体を修飾する役割があるのです。そのため文頭に置くことも、文と文の間にも置くことができます。また、howeverは少しフォーマルなので、日常的な会話で使われるよりは、書き言葉として使われることの方が多いです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ちなみに、副詞は文全体のほかに、動詞や形容詞、副詞を修飾することができるぞ。

but:接続詞で「しかし」、「だが」という意味

image by iStockphoto

butとは「でも」や「しかし」といった意味を持ちます。butの品詞は接続詞なので、2つの文を繋げる役割があるのです。そのため、howeverのように文頭に置くことができず、文と文の間に置かなければなりません。また、butはhoweverと比べてカジュアルなので、話し言葉としてよく使われます。

\次のページで「howeverとbutの例文とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: