この記事ではFacebookとInstagramの違いについてみていきます。どちらもMETA社が運営する世界的に有名なSNSとして知られていますね。最大の違いは扱えるコンテンツですが、他にもそれぞれに特徴があるようです。今回は日常的によく使われる2つのSNSの違いを、SNS大好きライターれおな=007一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

一般企業に勤務する傍ら執筆活動を続けるwebライター。得意分野はSNSを中心とするIT関連はもとより、言葉の意味をはじめとする雑学など多岐に及ぶ。ほとんど毎日TwitterやInstagramといったSNSに触れており、その経験を生かして本記事を執筆していく。

FacebookとInstagramの大まかな違いは?

FacebookとInstagramは同じ企業が運営していますがコンセプトが全く異なっています。最大の違いは扱うコンテンツです。どちらも無料でアカウント作成及び利用が可能で、ビジネスのツールの1つとして用いられることもあります。本項ではそれぞれのSNSので扱えるコンテンツなどについて、大まかな違いを比較しましょう。

Facebook:文字や写真などが投稿のメインでリアル性を重視

Facebook(フェイスブック)は文字や写真などがメインのコンテンツとして使用可能です。そのため就職したり結婚したりした際の報告で、長文が掲載されることもあります。またプロフィールに関するコンテンツが豊富で、個人のアカウントは実名登録が基本です。アカウントの関係においてもリアル性があるためか、日本では年配の人にも人気で、中にはブログのように使う人もいることでしょう。

Instagram:投稿のメインは写真または動画でショップ機能も充実

Instagram(インスタグラム)で投稿する際、写真や動画がメインとされたコンテンツの投稿が目立ちます。投稿にキャプションをつけられますが、文字をメインのコンテンツとして扱う場合は少し工夫が必要です。ネットショップの投稿も多く見られるため、女性や若年層に人気のSNSとして知られています。

Facebookの特徴は?

FacebookにはSNSとして、どのような特徴があるのでしょうか。本項ではFacebookの特徴について詳しくまとめましたので、Instagramの特徴とよく比べてみてください。

1.アカウント登録は実名のみ

image by iStockphoto

Facebookのアカウント登録には、実名のみが使えます。アカウントは1人1つが原則で、出生に関する事項や学歴または職歴も任意で公開できる仕様です。また配偶者や子どもといった家族との具体的な関係性も、任意で公開できます。

\次のページで「2.友達が探しやすい」を解説!/

2.友達が探しやすい

上述の実名登録にともない、Facebookでは友達が探しやすいという特徴があります。地域や出身校、所属団体で検索すると、実際に交流のある友達のアカウントが見つけることが可能です。もちろん名前を使った検索もできますが、同姓同名のアカウントが多い場合は実際の友達であるかをプロフィールから判断しなければなりません。

3.各種アカウントやサービスのログインに使える

image by iStockphoto

Facebookは各種アカウントやサービスを利用する際に、使えることがあります。具体的には飲食店や公共施設などのフリーWi-Fiのログインや、マッチングアプリなどのアカウント認証に使われるケースが見られるでしょう。

Instagramの特徴は?

Instagramにおいてもまた、Facebookにはない特徴がいくつか見られます。本項ではInstagramの特徴について具体的に解説していきますので、前述のFacebookのものとよく比較してみてください。

1.写真やリール動画などの機能に特化

image by iStockphoto

Instagramはただ写真やリール動画がメインになるだけではなく、コンテンツの編集および加工においても機能性が高いです。具体的には写真のフィルターをかけたり明度、彩度を調整したりして、雰囲気を変えた投稿ができます。

2.ネットショップの入り口になる

image by iStockphoto

Instagramはショッピングという機能があり、そちらに掲載されている写真をタップすると外部にあるネットショップのページに入れます。決済までInstagram内で完結できるわけではないですが、いわゆるインスタ映えする写真を掲載するとネットショップがメインでも集客しやすいです。

\次のページで「3.DM機能がアプリ内」を解説!/

3.DM機能がアプリ内

image by iStockphoto

Instagramでは、DM(ダイレクトメール)機能が同アプリ内にあります。友達のストーリーズへのリアクションはDM画面で確認でき、スタンプやコメントを使って容易にコミュニケーションが取れるのです。そのため女性や若年層の中には、InstagramのDM機能をメインの連絡手段として使っている人もいます。FacebookにもDM機能はありますが、スマホ版ではメッセージという別のアプリが立ち上がるという仕様です。

FacebookとInstagramを連携するメリットは?

FacebookとInstagramはどちらもMetaというIT企業が運営しており、アカウント連携が可能です。本項ではこの2つのSNSでアカウント連携をすると、どのようなメリットがあるのかを詳しくみていきましょう。

1.同時に投稿できる

FacebookとInstagramでアカウント連携をしておくと、両方のアカウントで同時に投稿できます。具体的にはストーリーズやアカウントのアイコン画像の更新などをInstagramで行うと、Facebookでも反映される仕様になっているのです。とりわけ日常のスナップ写真をInstagramで撮影、加工してFacebookにも共有すると、それぞれのSNSの相乗効果が生まれるでしょう。

2.友達を見つけやすくなる

image by iStockphoto

FacebookとInstagramのアカウントを連携させておくと、より友達が見つけやすくなります。片方で友達になったアカウントがもう片方の友達候補に上がってくるので、アカウントの特定がしやすいです。もちろん相手がアカウント連携をしていなかったり非公開アカウントにしていたりすると、見つかりにくいかもしれません。

\次のページで「3.ストーリーズのバリエーションが広がる」を解説!/

3.ストーリーズのバリエーションが広がる

FacebookとInstagramのアカウントを連携させておくと、ストーリーズのバリエーションが広がります。具体的にはスタンプやエフェクトとして使える素材の種類は、それぞれで異なったものが表示されるでしょう。ただしInstagramの方でしか適用できない機能があるため、Facebook向けにも発信する場合は注意が必要です。

FacebookやInstagramの他におすすめSNSは?

ここまでFacebookとInstagramの違いについて見てきましたが、他にもよく使われるSNSは聞いたことがあることでしょう。本項では有名でおすすめのSNSの特徴を、大まかに解説していきます。

1.Twitter:140字以内の文章がメイン

image by iStockphoto

Twitterは、140字までの文字と写真が投稿できるSNSです。短文での投稿も見やすく、リツイートをはじめとする内容の拡散方法にもバリエーションがあります。政治家や企業経営者がアカウントを所持していることも多く、選挙や社会の動きが変わる際にはツイートやハッシュタグが注目されがちです。

2.TikTok:15秒から3分の動画

image by iStockphoto

TikTokは、15秒から3分の動画が投稿できるSNSです。ダンスや〇〇あるあるといったネタの投稿が盛んで、中高生をはじめとする若年層に人気があります。

FacebookとInstagramは扱うコンテンツが違うが、アカウントは連携させられる

ここまで見てきた通り、FacebookとInstagramの違いは扱うコンテンツやユーザー層などです。しかしアカウント連携が可能なため、ビジネスで運用している場合などに適切に使えれば発信力が大きくなります。個人利用する場合でも投稿内容を工夫し、フォロワーとうまくコミュニケーションを取れるようにすれば楽しく利用できるでしょう。

" /> FacebookとInstagramの違いは?特徴や連携するメリットもSNS大好きライターが詳しくわかりやすく解説 – Study-Z
雑学

FacebookとInstagramの違いは?特徴や連携するメリットもSNS大好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事ではFacebookとInstagramの違いについてみていきます。どちらもMETA社が運営する世界的に有名なSNSとして知られていますね。最大の違いは扱えるコンテンツですが、他にもそれぞれに特徴があるようです。今回は日常的によく使われる2つのSNSの違いを、SNS大好きライターれおな=007一緒に解説していきます。
れおな=007

ライター/れおな=007

一般企業に勤務する傍ら執筆活動を続けるwebライター。得意分野はSNSを中心とするIT関連はもとより、言葉の意味をはじめとする雑学など多岐に及ぶ。ほとんど毎日TwitterやInstagramといったSNSに触れており、その経験を生かして本記事を執筆していく。

FacebookとInstagramの大まかな違いは?

FacebookとInstagramは同じ企業が運営していますがコンセプトが全く異なっています。最大の違いは扱うコンテンツです。どちらも無料でアカウント作成及び利用が可能で、ビジネスのツールの1つとして用いられることもあります。本項ではそれぞれのSNSので扱えるコンテンツなどについて、大まかな違いを比較しましょう。

Facebook:文字や写真などが投稿のメインでリアル性を重視

Facebook(フェイスブック)は文字や写真などがメインのコンテンツとして使用可能です。そのため就職したり結婚したりした際の報告で、長文が掲載されることもあります。またプロフィールに関するコンテンツが豊富で、個人のアカウントは実名登録が基本です。アカウントの関係においてもリアル性があるためか、日本では年配の人にも人気で、中にはブログのように使う人もいることでしょう。

Instagram:投稿のメインは写真または動画でショップ機能も充実

Instagram(インスタグラム)で投稿する際、写真や動画がメインとされたコンテンツの投稿が目立ちます。投稿にキャプションをつけられますが、文字をメインのコンテンツとして扱う場合は少し工夫が必要です。ネットショップの投稿も多く見られるため、女性や若年層に人気のSNSとして知られています。

Facebookの特徴は?

FacebookにはSNSとして、どのような特徴があるのでしょうか。本項ではFacebookの特徴について詳しくまとめましたので、Instagramの特徴とよく比べてみてください。

1.アカウント登録は実名のみ

image by iStockphoto

Facebookのアカウント登録には、実名のみが使えます。アカウントは1人1つが原則で、出生に関する事項や学歴または職歴も任意で公開できる仕様です。また配偶者や子どもといった家族との具体的な関係性も、任意で公開できます。

\次のページで「2.友達が探しやすい」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
れおな=007