雑学食べ物・飲み物

3分でわかる長ネギと白ネギの違い!どちらも同じ野菜?青ネギとの関係も雑学好きライターがわかりやすく解説

日本人にとってなじみ深い野菜の一つであるネギ。
しかしこのネギにも、「長ネギ」と「白ネギ」と呼ばれるものがあるのを知っているか。
今回は「長ネギ」と「白ネギ」の違いについて、雑学好きライターのおおつけと一緒に解説していきます。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

長ネギと白ネギの違い

image by iStockphoto

八百屋さんやスーパーで当たり前のように見かける野菜がネギですが、売っている名前に注目したことはありますか。「長ネギ」「白ネギ」という名前で売られていますが、この違いはいったい何なのでしょう。ここでは「長ネギ」と「白ネギ」の違いについて解説していきます。

どちらも同じ野菜を指す

結論から言えば、「長ネギ」も「白ネギ」も同じ野菜を指しています。ネギにも複数種類があるのですが、「長ネギ」や「白ネギ」と呼ばれるものは「根深ネギ」と呼ばれる種類のネギです。

地域や店舗によって呼び名が変わる

ではなぜ2つの呼び名が存在するのでしょうか。それは地域や店舗によって呼称が異なるから。特に呼称を統一する法律などもないため、基本的には呼びたいように呼んでいるというのが現状のようです。

青ネギとの関係は?

image by iStockphoto

「長ネギ」と「白ネギ」が同じ野菜を指すことがおわかりいただけたと思います。しかしネギと言えば「青ネギ」という言葉もよく耳にしますよね。はたしてこの呼び方は同じ「根深ネギ」を指すのでしょうか。ここでは「青ネギ」との関係について解説してきます。

\次のページで「青ネギは長ネギや白ネギとは種類が違う」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: