家庭科

ドラゴンフルーツの簡単な切り方って?おすすめの食べ方や保存方法も果物大好きパティシエが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。ドラゴンフルーツは鮮やかな果皮と独特の形が特徴の南国の果物だな。意外にも果皮は柔らかく、簡単に切ることが出来るんだぞ。果肉は、インパクトのある見た目からは想像できない繊細な味わいだ。ぜひその風味や食感を生かして食べてもらいたい。この記事では、スーパーフードとしても注目を浴びるドラゴンフルーツのおすすめの食べ方、切り方、保存方法を果物大好きパティシエのmei.mと一緒に詳しく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/mei.m

15年近くウェディングケーキを作ってきたパティシエで、現在は2児のママ。フルーツが大好きで、味見と称して様々な果物を食べてきました。ドラゴンフルーツは、果物盛り合わせの華!

ドラゴンフルーツはどこで買うのがおすすめ?

ドラゴンフルーツがどこで購入できるのか疑問な方もいるのではないでしょうか?

数は少ないですが大きめのスーパーや青果店の店頭に、輸入品を中心に並んでいますよ。贈答用のフルーツ籠に添えられるような高品質のものなら、果物専門店がおすすめです。国産のドラゴンフルーツの価格相場は、1個あたり500~700円くらい。高級品だと1000円以上にも。

沖縄などの名産地では、パイナップルやマンゴーと同じようにポピュラーなフルーツとして販売されています。完熟のドラゴンフルーツはあまり日持ちしないため、輸入のドラゴンフルーツは輸送を考慮して未熟なままで収穫されますが、国内の旬の時期に現地や産地直送などで購入すると完熟のものが食べられますよ。完熟のドラゴンフルーツは糖度が大変高く、しっかりとした甘さが感じられます。名産地でぜひ一度食べてみてください。

ドラゴンフルーツの切り方

image by iStockphoto

ゴツゴツした見た目のドラゴンフルーツ、どうやって食べるかご存じですか?外見からは硬そうで、中もどんなふうになっているか想像もつきませんよね。それが、意外にも簡単に食べられるのです!ここでは、簡単な切り方を2種類ご紹介します。

食べる前に冷蔵庫で少し冷やして、流水でしっかり洗ってから作業しましょう。赤肉種の場合は、色素が服やまな板に付くと落ちにくいので気を付けて!

1.基本のカット

どうやって切り始めるか迷う形ですが、ドラゴンフルーツカットの基本は、先に切ってから、皮を剥きます。皮や果肉は柔らかいので、包丁はあまり力を入れずに入りますよ。以下に手順をまとめました。

準備するもの:ドラゴンフルーツ・包丁・まな板
1.ドラゴンフルーツをまな板の上に縦に置く
2.縦半分に切る
3.さらに縦半分に切る
4.皮の先端を持ち、反り返らすように手で皮を剥く
5.好みの大きさに切り分ける

食卓に映えるように少しおしゃれに盛り付けるなら、ドラゴンフルーツの特徴である果皮を残したまま切り終えましょう。皮は剥きながら食べれば問題ありません。他にはない色鮮やかな皮が、特別感を演出してくれますよ!

また、完熟でジューシーなドラゴンフルーツは、縦に半分に切ったまま皿に乗せ、スプーンで果肉をすくって食べるのもおすすめです。

\次のページで「2.簡単な輪切り」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: