家庭科

マンゴーの食べ頃はいつ?国産ブランド・輸入の旬や産地、品種の特徴も果物大好きパティシエが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。マンゴーは輸入フルーツのイメージだが、近年ではブランドマンゴーの知名度も上がり、国産マンゴーの生産量も増加している。もともとマンゴーには数百種の品種があるそうだが、意外にも国産も輸入もマンゴーの品種自体は同じなんだ…ではなぜ、国産マンゴーは高価なんだろうか?その理由も考えてみよう。この記事では、国産・輸入マンゴーの旬や産地・特徴を、美味しい理由や食べ頃の見分け方と併せて果物大好きパティシエのmei.mと一緒に詳しく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/mei.m

15年近くウェディングケーキを作ってきたパティシエで、現在は2児のママ。フルーツが大好きで、味見と称して様々な果物を食べてきました。マンゴーは,、果物盛り合わせ・プリン・ムース・焼き菓子・デコレーションと洋菓子界のオールラウンダー!

日本のマンゴーを知ろう!

image by iStockphoto

まずは日本国内で栽培されるマンゴーについて見ていきましょう。

マンゴーは輸入のイメージが強いですが、国内のマンゴー生産量は年々増加しており、近年では国内のマンゴー流通全体の3分の1ほどを国産マンゴーが占めるまでになりました。国産マンゴーは決して珍しいものではないのですね。

日本で栽培されるマンゴーは96%以上がアップルマンゴーと呼ばれる「アーウィン種」です。アーウィン種はマンゴーの中でも比較的涼しさにも強く、日本の気候で育てやすかったようですよ。また、アーウィン種以外にも、生産量は少ないですが、様々な品種が栽培されています。今後さらに出回る品種が増えれば、バリエーション豊かなマンゴーは、一層楽しめるフルーツになると期待されているのです。

国産マンゴーの旬と産地

「南国のフルーツ」のイメージ通り、マンゴーの旬は夏です。市場に出回る時期は、主に4月~8月頃。国内の生産地域も、沖縄や九州など暖かい南側の地方が良く知られていますね。では、実際どのようになっているか、マンゴー栽培で有名な県の生産量ランキングと共に詳しく解説しましょう。

順位:都道府県/生産量/最も出回る時期
1位:沖縄県/2,206トン/7月
2位:宮崎県/1,203トン/5月~6月
3位:鹿児島県/488トン/5月~6月
4位:熊本県/77.1トン/5月~6月
5位:高知県/22トン/6月~7月

1位の沖縄県は半分以上のシェアを誇っています。上位3県を合わせると、生産量全体のは95%以上。国産マンゴーはほぼこの3県で栽培されています。また、本来は暖かい地域で栽培されるマンゴーですが、近年、温泉を利用して北海道でもマンゴー栽培が行われていますよ。

旬を見てみると、宮崎県産をはじめとした九州のマンゴーが5月~6月頃にピークを迎え、その後、生産量トップの沖縄県産のマンゴーが7月を中心に出回るようですね。やはり沖縄の生産量は多く、全体を通して最も多く市場に並ぶ時期は、7月になります。

国産マンゴーはなぜ高い?

ブランドマンゴーの登場により一気に認知度を上げた国産マンゴー。いまや高級な贈答用として人気の高いフルーツですね。スーパーに並ぶ輸入マンゴーの平均価格は1個約300~500円に対し、国産マンゴーでは1個約1000円~3000円ほどにもなります。では、なぜブランドマンゴーをはじめとする国産マンゴーは高価になるのでしょうか?

その理由は、日本でのマンゴー栽培は雨除けや保温・防病のために、ハウス栽培が必須になるからです。ハウス栽培は非常にコストと手間がかかり、結果として値段が上がってしまいます。海外でも同じ品種のマンゴーはたくさん栽培されていますが、多くが露地栽培です。それは、日本とは違い、マンゴー栽培に適した風土や季節があるからこそ。ハウスが不要なため、低コストで生産できるのです。

\次のページで「宮崎県産「太陽のタマゴ」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: