家庭科

豆乳のおいしい飲み方は?旬や種類、調理方法、保存方法もフリーランス管理栄養士がくわしくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では豆乳の旬や種類、おいしい飲み方や調理方法、保存方法について見ていくぞ。豆乳は牛乳に比べてあっさりしていてヘルシーな飲み物というイメージかもしれない。人によっては豆乳独特のクセのある味が苦手かもしれないな。そこで今回は豆乳をおいしく飲む方法や豆乳を使った料理の紹介をしていこうと思う。他にも豆乳の旬や種類、保存方法についてもフリーランスの管理栄養士の宮本ゆかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/宮本ゆか

町役場とドラッグストアでの管理栄養士を経てフリーランスの管理栄養士兼Webライターへ。趣味はオーガニックの食材で料理をつくること。栄養についての知識をいかし、わかりやすく解説していきます。

豆乳に旬はあるの?

image by iStockphoto

スーパーやコンビニなどで牛乳と一緒に並んでいることが多い豆乳。豆乳に旬はあるの?と思われるかもしれませんね。豆乳は大豆を原料としてつくられているので、ここでは大豆の旬について解説します。国産の大豆の旬は秋から冬にかけて。この時期に収穫した大豆は貯蔵、乾燥させることで実が引きしまるそうです。乾燥大豆は長期保存が可能なので、旬の時期以外でもスーパーなどで購入することができますよ。

豆乳の種類

ここからは豆乳の種類について解説です。豆乳は大豆固形分(水分を取りのぞいて残った大豆の量)によって無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3種類にわかれます。それぞれの特徴を知り、豆乳を選ぶときの参考にしてみてくだい。

1.原料は大豆だけの「無調整豆乳」

無調整豆乳は大豆固形分が8%以上のものとされています。原料は大豆のみでほかの添加物は加えられていないため、大豆本来の味を楽しむことができますよ。砂糖などの甘味が入っていないため、ダイエット中の方や糖分を気にされている方におすすめです。

\次のページで「2.甘みが添加されている「調整豆乳」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: