雑学

LINEで退出と退会の違いは?復活できる?非表示やブロックなど類義語もIT雑学ライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではLINEにおける退出と退会の違いについてみていくぞ。どちらもトークルームを抜けた通知として、見たことがある人も多いのではないだろうか。どのような操作をするかで退出、退会の違いが生まれているようだが、他にも細かい違いがあるようだ。今回はLINEで目にする2つの用語の違いやこれらに似た用語などを、IT雑学ライターのれおな=007と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

れおな=007

ライター/れおな=007

一般企業に勤務する傍ら執筆活動を続けるwebライター。得意分野はITはもとより、言葉の意味をはじめとする雑学など多岐に及ぶ。趣味でIT関連の学習をしており、学んだ内容や日常生活での経験もとに本記事を執筆していく。

LINEの退出と退会の大まかな違いは?

LINEの退出と退会は、ユーザーが行う操作内容が違います。前者はアカウントを削除したり複数人のトークルームを抜けたりした場合の表記で、後者はグループトークを抜けた時に限定された表記です。もちろん表記だけではなく、再入会や他ユーザーへの操作についても違いが見られます。

違いその1.定義

LINEの退出と退会は、定義が大きく違います。本項ではそれぞれの言葉がどのような操作を示しているか、具体的に見ていきましょう。

退出:アカウント削除・複数人トークを抜ける

image by iStockphoto

LINEの退出は、主にアカウントを削除した時に使われる表記です。もしLINEでアカウントを削除した場合、友達のトークルームにはそのアカウントが退出した旨が通知されるでしょう。またグループではない複数人トークを抜ける場合も退出という扱いになり、トークルームへの通知はもちろんユーザー本人の選択肢にも「退出」と表記されるのです。

もし個人LINEのタイトルに「メンバーがいません」という表記があるならば、そのトーク相手となっていた友達はアカウントを削除しています。

\次のページで「退会:グループトークを抜ける」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
れおな=007