中部地方の中心都市、名古屋。その名古屋でよく耳にする言葉が「名駅(めいえき)」と「名古屋駅」です。地元の人間ではないと何のことか戸惑ってしまいそうです。
今回はプライベートでも頻繁に名古屋を訪れるというライターのおおつけと一緒に解説していきます。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

名駅と名古屋駅の違い

image by iStockphoto

中部地方最大の経済都市である愛知県名古屋市。その名古屋市の交通の要所が「名古屋駅」です。しかし「名古屋駅」と同じくらい、場合によってはそれ以上に使われる言葉をご存じでしょうか。それは「名駅」という言葉です。ここでは「名駅」と「名古屋駅」の違いについて解説していきます。

名駅=名古屋駅

結論から言えば、「名駅」は「名古屋駅」のことを指します。呼び方が異なっているだけで、同一の駅なんですね。例えばタクシーに乗車した時、「名古屋駅まで」の代わりに「名駅まで」と言っても伝わりますし、地元の人は後者の方が多数派です。

なぜ呼び方が違うのか

呼び方の違いは、「名駅」が「名古屋駅」の略称であることが理由です。なんとなく「略称なのかな?」と思った方もいるかもしれませんが、その方は正解ですよ。

日本全国、略称という文化はありますが、名古屋にもその傾向は見られます。例えば「めいだい」と言えば関東では「明大(明治大学)」をイメージしますが、名古屋含む東海圏ではほぼ確実に「名大(名古屋大学)」のことです。

地名にも名駅が使われている

image by iStockphoto

実は「名駅」という言葉は「名古屋駅」だけを指すわけではありません。「名古屋駅」の東側の地名にも「名駅」は使われているんです。「名駅へ遊びに行く」であれば、「名駅というエリアへ遊びに行く」と解釈されることも。ここではそんな住所としての「名駅」の不思議な使い方を解説していきます。

\次のページで「お店にも「名駅店」と「名古屋駅店」が存在する」を解説!/

お店にも「名駅店」と「名古屋駅店」が存在する

ショップや飲食店などのお店にも「名駅店」と「名古屋駅店」という言葉は使われています。厳密な定義こそないものの、大部分はそれぞれの所在地に由来することがほとんど。

つまり「名駅店」であれば所在地の住所が「名駅」であることが多いです。それに対して「名古屋駅店」であれば、お店が「名古屋駅」及び「名古屋駅」隣接施設のテナントとして営業していることが多いと言えます。

名駅(名古屋駅)の特徴

image by iStockphoto

「名駅」と「名古屋駅」という言葉について理解が深まると、具体的にどんな駅なのか気になってきますよね。独自の文化を育む名古屋圏を代表する施設、「名駅(名古屋駅)」。ここではその特徴について解説していきます。

複数の鉄道会社が利用可能

「名駅(名古屋駅)」は非常に大きい駅ですが、大きさの理由は新幹線が停車することだけではありません。複数の鉄道会社が独自の名古屋駅を設置しているターミナル駅として機能しているんです。

具体的にはJR(JR東海/JR貨物)、近鉄(きんてつ:近畿日本鉄道の略称)、名鉄(めいてつ:名古屋鉄道の略称)、名古屋市営地下鉄名古屋臨海高速鉄道を利用することができます。

待ち合わせの定番「金時計」と「銀時計」

名古屋人の待ち合わせの定番と言えば「金時計」と「銀時計」です。「金時計」はJR名古屋駅の桜通口に、「銀時計」は同駅の太閤通口にそれぞれあります。大きなコンコースの両端にあるので、初めて来た人でも見つけやすい目印です。「名駅(名古屋駅)」で集合の際に利用してみてはいかがでしょうか。

\次のページで「名駅と名古屋駅は呼び方が違うだけで同じ駅」を解説!/

名駅と名古屋駅は呼び方が違うだけで同じ駅

ここまで「名駅」と「名古屋駅」の違い、「名駅」が持つもう一つの意味、そして「名駅(名古屋駅)」の特長について解説してきました。普段を利用する人も、そうでない人も、「名駅(名古屋駅)」に対して興味が湧いてきたのではないでしょうか。

「名駅(名古屋駅)」は愛知県だけでなく岐阜県、三重県、静岡県など隣県へのアクセスにも便利です。もちろん東海道新幹線の道中でもあります。仕事や旅行で通過するときに、ぶらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

" /> 3分でわかる名駅と名古屋駅の違い!どちらも同じ駅?地名との関係も名古屋好きライターがわかりやすく解説 – Study-Z
暮らし雑学

3分でわかる名駅と名古屋駅の違い!どちらも同じ駅?地名との関係も名古屋好きライターがわかりやすく解説


中部地方の中心都市、名古屋。その名古屋でよく耳にする言葉が「名駅(めいえき)」と「名古屋駅」です。地元の人間ではないと何のことか戸惑ってしまいそうです。
今回はプライベートでも頻繁に名古屋を訪れるというライターのおおつけと一緒に解説していきます。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

名駅と名古屋駅の違い

image by iStockphoto

中部地方最大の経済都市である愛知県名古屋市。その名古屋市の交通の要所が「名古屋駅」です。しかし「名古屋駅」と同じくらい、場合によってはそれ以上に使われる言葉をご存じでしょうか。それは「名駅」という言葉です。ここでは「名駅」と「名古屋駅」の違いについて解説していきます。

名駅=名古屋駅

結論から言えば、「名駅」は「名古屋駅」のことを指します。呼び方が異なっているだけで、同一の駅なんですね。例えばタクシーに乗車した時、「名古屋駅まで」の代わりに「名駅まで」と言っても伝わりますし、地元の人は後者の方が多数派です。

なぜ呼び方が違うのか

呼び方の違いは、「名駅」が「名古屋駅」の略称であることが理由です。なんとなく「略称なのかな?」と思った方もいるかもしれませんが、その方は正解ですよ。

日本全国、略称という文化はありますが、名古屋にもその傾向は見られます。例えば「めいだい」と言えば関東では「明大(明治大学)」をイメージしますが、名古屋含む東海圏ではほぼ確実に「名大(名古屋大学)」のことです。

地名にも名駅が使われている

image by iStockphoto

実は「名駅」という言葉は「名古屋駅」だけを指すわけではありません。「名古屋駅」の東側の地名にも「名駅」は使われているんです。「名駅へ遊びに行く」であれば、「名駅というエリアへ遊びに行く」と解釈されることも。ここではそんな住所としての「名駅」の不思議な使い方を解説していきます。

\次のページで「お店にも「名駅店」と「名古屋駅店」が存在する」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: