家庭科

豆乳は栄養豊富な飲み物!効果効能・注意点もフリーランス管理栄養士がくわしくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では豆乳の特徴や栄養、効果効能、注意点について見ていくぞ。豆乳は牛乳に比べるとあまりなじみがなく、普段飲むのは豆乳よりも牛乳という人が多いかもしれない。だが、豆乳は牛乳に負けないくらい豊富な栄養素が含まれている。体によい効能もたくさんあるので積極的にとり入れたい飲み物だ。今回はそんな豆乳についての健康効果や注意点をフリーランスの管理栄養士の宮本ゆかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/宮本ゆか

町役場とドラッグストアでの管理栄養士を経てフリーランスの管理栄養士兼Webライターへ。趣味はオーガニックの食材で料理をつくること。栄養についての知識をいかし、わかりやすく解説していきます。

豆乳はどんな飲み物?

image by iStockphoto

豆乳は大豆を水に浸してつぶし、絞ってできた汁を飲料としたものです。豆乳は牛乳と比較されることが多いですが、牛乳は牛の乳を搾った動物性の飲み物で、豆乳は大豆を原料につくられた植物性の飲み物。豆乳は植物性なので、動物性の牛乳よりも低エネルギー、低脂質、低糖質です。しかもコレステロールが含まれていないので、ヘルシーで体にやさしい飲み物といえます。

豆乳に含まれる6つの栄養素とその効能

ここからは豆乳に含まれている栄養素とその効能についてくわしく解説していきます。豆乳には体によい効能がたくさんありますよ。骨密度やコレステロールが気になる方、ダイエット中の方は特に注目です。どんな栄養があるのか一緒に見ていきましょう。

\次のページで「1.骨粗しょう症を予防するイソフラボン」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: