雑学

LINEでブロックと非表示の違いは?ブロックはバレる?友達リストの整理方法も会社員ライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではLINEのアプリにおけるブロックと非表示についてみていくぞ。どちらも友達を整理する手段ではあるが、扱いにくいイメージがあるよな。どちらにしろ相手に通知が行くことはないが、使い方によってはその後の関係性が変わるかもしれない機能だ。今回はそんなLINEの2つの機能の違いを、会社員ライターれおな=007と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

れおな=007

ライター/れおな=007

一般企業に勤務する傍ら執筆活動を続けるwebライター。得意分野はITはもとより、言葉の意味をはじめとする雑学など多岐に及ぶ。趣味でIT関連の学習をしており、学んだ内容や日常での経験をもとに本記事を執筆していく。

LINEにおけるブロックと非表示の大まかな違いは?

LINEのアプリにおけるブロックと非表示は、何が違うのでしょうか。本項ではそれぞれの操作の大まかな違いについて、触れていきましょう。

ブロック:友達との送受信の停止

LINEでブロックすると、操作後はその友達とのやりとりが一切できなくなります。具体的には個別トークにおけるメッセージや通話、スタンプやギフトの送受信ができなくなるでしょう。しかし双方が何らかのグループに参加している場合は、そちらに影響を及ぼすことはありません。

非表示:友達リストに表示しない

LINEで友達を非表示にすると、そのアカウントは友達リストからいなくなって「非表示リスト」に移動します。既に継続しているトークに対しては何の影響もないですが、新規でトークを始めたい場合は友達リストに戻す必要があるでしょう。もちろんグループトークを作ったり、リンクなどをシェアしたりしたい場合もこれに該当します。

違いその1.操作後のメッセージの送受信

ブロックと非表示の最大の違いは、操作後にメッセージが送受信できるかどうかです。本項ではそれぞれの操作を行った後の現象、特にメッセージの送受信に関して比較していきましょう。

ブロック:送受信ができない

LINEで友達をブロックすると、メッセージの送受信が完全にできなくなります。こちらがブロックすると画面の下側にその旨が表示され、通話や他の機能も使えないでしょう。もちろん相手からのメッセージも表示されず、任意でブロックを解除するまでこの状態は続きます。

\次のページで「非表示:送受信はできる」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
れおな=007