家庭科

甘酒の作り方・おすすめの食べ方は?長持ちする保存方法も管理栄養士が分かりやすくわかりやすく解説

甘酒の保存方法と日持ちの目安は?

市販の甘酒は、表示されている期限を守って開封したら冷蔵して早めに使い切るようにしましょう。市販の甘味も、もちろん冷凍可能です。ここからは手作りする甘酒の保存方法と日持ちの目安をみていきましょう。

冷蔵保存:手作り米麹甘酒は早めに飲み切ろう

手作りの米麹甘酒は冷蔵庫で保管して、1週間以内には飲み切るのが目安です。手作りの米麹甘酒は傷みやすい上に、再加熱すると酵素が死んでしまうので再加熱はしないことがおすすめとなっています。毎日飲んで飲み切れる量を作るようにしましょう。

また、酒粕甘酒は、甘酒にはせず酒粕として保存して使用するのがおすすめです。酒粕は冷蔵庫でも半年ほど保存できます。密封して保管しましょう。

冷凍保存:1週間以上保存したいとき

手作りの米麹甘酒は冷蔵だと日持ちしませんが冷凍すると1ヶ月程度保存可能です。酒粕と違って米麴甘酒は水分が多いので固く凍りますが、作り方によって水分量が違うので凍り具合も変わってきます。タッパーなどに入れて使えることもあるようですが、カチコチになると使いづらいです。丈夫なビニールに入れて薄くして冷凍すると固く凍った場合でも折って使えるので試してみてください。

酒粕を冷凍すると約1年保存できます。ラップなどでくるんで密閉して冷凍しましょう。凍らせてもカチコチにならないので清潔なスプーンなどですくって使います。

美味しい甘酒を自分で作ってアレンジも楽しもう

甘酒の作り方やアレンジ方法が分かりましたね。自分で作れば買うよりも安くできますし、健康に良い甘酒をたくさん取り入れることができるようになります。意外と簡単に手作りでき、アレンジ方法も無限にありそうですね。そのまま飲んだりアレンジしてみたり、ぜひさまざまな使い方をして甘酒を楽しんで使ってみてください。

1 2 3 4
Share: