国語言葉の意味

【ことわざ】「下種の逆恨み」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「下種の逆恨み」について解説する。

端的に言えば下種の逆恨みの意味は「卑しい人は好意による忠告も悪意に受け取り恨む」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「下種の逆恨み」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「下種の逆恨み」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「下種の逆恨み」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「下種の逆恨み」は分類としては日本語のことわざであるという点も抑えておきましょう。

「下種の逆恨み」の意味は?

「下種の逆恨み」というキーワードを辞典・辞書・事典、ネット上の無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.卑しい者は、好意で忠告してくれたことでも、悪口と受け取り、かえって恨むこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「下種の逆恨み」

「下種の逆恨み」は好意で忠告してくれたことでも、卑しい人は悪口と受け取り、かえって恨むことを意味することわざです。心の卑しい人は、他人の親切を勘繰り、むしろ悪い意味に捉えてしまい、恨みにまで発展してしまう。下種の逆恨みはこうした場面を表現することわざとなっています。

「下種の逆恨み」は書籍・新聞等の文章中のほか、口語においても時折使われている言葉です。ことわざであるため、実際に使用される機会はあまり多くない点について注意しておきましょう。この機会に「下種の逆恨み」の意味・用法を確認しておき、自身の語彙力を高めていきましょう。

「下種の逆恨み」の語源は?

次に「下種の逆恨み」の語源を確認しておきましょう。残念ながら「下種の逆恨み」の語源は現在はっきりとはしていません。「下種の逆恨み」の語源ははっきりとはしていないと覚えておきましょう。下種の逆恨みは「下種」・「逆恨み」という2種類の単語を組み合わせて生まれています。

「下種」とは下衆・下司とも書き、身分または品性が下劣で卑しい人を表す言葉です。「逆恨み」はこちらが恨みに思っていい筈の相手から逆に恨まれること、または人の好意を曲解して恨むことを表します。「下種の逆恨み」はこれら2種類の単語を組み合わせて、卑しい人が人の好意を曲解して恨むことを意味する言葉となりました。

\次のページで「「下種の逆恨み」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: