家庭科

ブルーベリーの旬はいつ?おすすめの食べ方や種類・選び方・保存方法もフリーランス管理栄養士がくわしくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではブルーベリーの旬や種類、選び方、おいしい食べ方、保存方法を解説していくぞ。ブルーベリーといえば、ジャムやお菓子の材料としてよく使われているフルーツだよな。そんなブルーベリーは実は生でも食べることができることを知っているか?輸入品だけでなく国産のブルーベリーもあるぞ。今回はブルーベリーの食べ方から保存方法まで、フリーランスの管理栄養士の宮本ゆかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/宮本ゆか

フリーランスの管理栄養士兼Webライター。最近はまっているのは冷凍のブルーベリーで手作りジャムやソースをつくること。時間短縮調理やレシピの研究中。食に関する知識をいかし、わかりやすく解説していきます。

ブルーベリーの特徴は?

image by iStockphoto

ここからはブルーベリーの特徴について解説します。ブルーベリーの歴史や国内の産地、旬の時期などについて、くわしく見ていきましょう。

ブルーベリーの歴史

ブルーベリーはツツジ科スノキ属の果樹で、原産地は北アメリカです。ブルーベリーの歴史は古く、100年以上前から現地の人々に食べられてきたそう。日本にブルーベリーがやってきたのは1951年だと言われています。

ブルーベリーの日本の産地はどこ?

ブルーベリーの生産量が日本で一番多いのは長野県です。続いて東京都、群馬県となっています。長野県でブルーベリー栽培が盛んなのは、原産地である北アメリカと緯度が同じくらいだからだそうです。寒冷な気候を好む品種の場合、長野県の冬の寒さは栽培に適しているそうですよ。

ブルーベリーの旬はいつ?

ブルーベリーは世界各地で栽培されていて、国によって旬の時期が異なります。日本のブルーベリーの旬は6~8月の夏の時期です。北アメリカでは4~8月、メキシコやオーストラリア10~3月ごろが旬にあたるそう。ブルーベリーは糖度が高くなる朝の時間帯に収穫するとよりおいしく食べられるそうです。

ブルーベリーの種類

image by iStockphoto

ブルーベリーの種類はおもにノーザンハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系、ラビットアイ系の3つに分かれます。それぞれの特徴は次のとおりです。

\次のページで「ブルーベリーの選び方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: