雑学

3分で分かるワードパッドとWordの違い!無料で使えるの?高機能なワープロソフトはどちら?文学部卒ライターがわかりやすく解説

ワードパッドを使うメリット

ワードパッドは無料で使える簡易版ワープロソフトです。もちろん、ワープロソフトがインストールされていないパソコンで、簡単な文書を作成したい場合に便利ですよね。ノートパソコンを持って、複雑な書式を必要としない場合にも使いやすいでしょう。ブログなどの記事や文書を作成するのにも、ちょっとしたことを出先でメモするのにも使えます。

1.Windowsパソコンなら無料で使える

ワードパッドはOSがWindowsであれば、無料で付いている機能です。ただし、SモードのWindows10や11ではワードパッドが装備されていません。ワープロソフトが搭載されていないパソコンで、タッチタイピングの練習をするにも便利ですね。わざわざワープロソフトを起動する必要もないでしょう。

2.動作が軽い

Wordと違ってメモリを多く必要としないため、動作がとても軽いです。文字入力をしている時に、もたつく心配もありません。多少古くなったり性能が劣ったりするパソコンでも入力しやすいです。サブで使うパソコンで文章を入力することをメインにするなら、十分な機能と言えるでしょう。

素早く起動できるため、気になったことをすぐに入力できるというメリットもあります。ライターなどの記事作成や、趣味や仕事で小説を書く人も重宝しているということです。

3.通信環境がない場所でも使用可能

ワードパッドはパソコンに直にインストールされている機能です。そのため、通信環境が整っていない場所でも利用できます。出先などでWi-Fiがない場所でも問題ありません。公園やカフェなどの戸外で、簡単に思いつくまま文書を作成し、自宅やオフィスでソフトを起動して書式を整えて仕上げするといった使い方をしてもいいかもしれませんね。

Wordを使うメリット

image by iStockphoto

Wordには複雑な書式にも対応できる様々な機能が付いています。ワードパッドでは難しい本格的な文書の作成もできますよ。詳しく見ていきましょう。

1.ワープロソフトのすべての機能が使える

Wordは文書の体裁を整えるだけでなく、文章の校正機能や文字数の確認もできますし、図や表計算で作成した表やグラフも入れられます。オフィスや学校で使う本格的な書類を作成して印刷することも。官公庁の公的な書類にもWordの書式で作られているものもあり、ダウンロードするだけで使えることも多いでしょう。

テンプレートも豊富で、自分で最初からデザインしなくても十分な書類を作成できるメリットもありますよ。差し込み印刷もできるので、住所録から宛名面の印刷も可能です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: