家庭科

きんかんの旬はいつ?きんかんの人気4種や育て方も管理栄養士がわかりやすく解説

3.とげがない!「ナガキンカン」

きんかんの枝に見られるとげがほとんどなく、酸味が強いのが「ナガキンカン」です。名前の通り3~4cmの長い球体をしており、他の品種との見分けがしやすい特徴もあります。

4.食べやすい!種なし「ぷちまる」

ナガキンカンとネイハイキンカンを交配させ、種なしに改良され2000年に公表された比較的新しい品種が「ぷちまる」です。他の品種では種が多いですが、「ぷちまる」は種がない分少し小ぶりとなっています。きんかん特有の苦みが少なく皮が甘く爽やかで、食後のデザートにもおすすめで食べやすいきんかんです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

食べるときのことを考えると、種がない「ぷちまる」がいいな。だが、とげがほとんどない「ナガキンカン」も捨てがたいぞ。どれを育てるか迷ったら、スタンダードな「ネイハイキンカン」もありだな。育てるなら自分に合ったきんかんを選んでほしい。

新鮮なきんかんの選び方・見分け方のコツは?

スーパーに並んでいるきんかんは、見た目をよく見て買いましょう。美味しいきんかんの実は、ツヤツヤして濃いオレンジ色で張りがあります。また、ヘタの部分は新鮮だと緑っぽいですが、茶色っぽく変色していると時間が経っているきんかんかもしれません。傷がついていたり変色しているきんかんは避け、容器の裏からも見るなどしてよく確認して購入しましょう。

スーパーなどでは漢字で「金柑」と書いて販売していることもあります。

きんかんの育て方は?

image by iStockphoto

きんかんは寒さに強く病気や害虫の心配も少なく、植えつけたらほとんど世話をしなくても実をつける果樹です。初心者でも比較的簡単に育てやすいのでおすすめの果樹となっています。苗木から育てると2~3年で実を付けますが、すでに実の付く苗が売られていることもあるのですぐに収穫して食べたい方はそちらがおすすめです。

きんかんの植え付け

用意するものは以下の通りです。

\次のページで「きんかんの剪定方法」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: