家庭科

シャインマスカットってどんな果物?栄養や特徴・効能もフードアナリストが詳しくわかりやすく解説

カロリーは高いの?

シャインマスカットは甘みを強く感じるブドウですが、ほかのブドウと比べてもカロリーは自体はそれほど高くありません。しかし甘みが強い分、糖分は高いので食べすぎてしまうと、肥満の原因になるので注意してくださいね。一日の適量は10粒以下とされています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

シャインマスカットは日本で生まれた品種だったのか?知らなかったぞ。皮ごと食べられて、種もなければ赤ちゃんから年配の人まで食べやすい果物だな。しかも栽培もしやすいだと?さすが日本の技術じゃないか!

シャインマスカットに含まれる主な栄養素と効能は?

世界三大美女の一人でもあるクレオパトラも愛したと言われるマスカット。その後継者とされているシャインマスカットともなれば、美容などにも良さそうなイメージが湧いてしまいますよね?ここではシャインマスカットにはどのような栄養素や効能があるのか解説していきます。

1.ビタミンB1で疲労回復

ビタミンB1は体内に入ると、糖質をすぐにエネルギー源に変えるのを助けてくれる働きがあるので、疲労回復にとても有効なんです。日頃から糖質を多く取りがちな人や、運動をよくする人には特に重要な栄養素なので、シャインマスカットを食べて疲れた身体を労りましょう。

2.ポリフェノールでアイチエイジング

シャインマスカットは「レスベラトロール」というポリフェノールを多く含んでいます。レスベラトロールはシャインマスカットの果実の部分に多く含まれており、強い抗酸化作用があるんです。そのため、生活習慣病を予防する効果や、身体のサビを排出し肌を若返らせるアンチエイジング効果が期待され、美容にも良いとされているんですよ。

3.ブドウ糖で脳の活性化

ブドウ糖は疲労回復には欠かせない栄養素です。体内への吸収率が良く、すぐにエネルギー源に変換されるのも特徴で、脳の働きを良くし、集中力を高めてくれる効果が期待できます。デスクワークや勉強中に2,3粒食べるだけでも集中力が高まるのでおすすめですよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

シャインマスカットはこんなに栄養素が含まれた果物だったのか。知らなかったぞ。美容にも脳の働きにも良いとされているんだったら毎日でも食べたくなる果物だな。だが、果物には糖分があるから、ほどほどにしておかないとだな。

シャインマスカットのよくある2つの疑問と注意点

近年よく見かけるようになったシャインマスカットですが、2006年に品種登録されたので、まだまだ知られていないことが多い果物でもあります。ここではシャインマスカットについて、よくある疑問と注意点について解説していきますね。

疑問その1.シャインマスカットについている白い粉は何?

image by iStockphoto

シャインマスカットは実の表面に白い粉が付着しているものがあるのですが、見たことはありますか?一見、栽培の過程で付いてしまった農薬が残ったものかと思い心配になりますよね?しかしこの表面に付く白い粉は、「ブルーム」と呼ばれるブドウが持つ脂質が浮き上がったもので「天然のワックス」と言われているんです。

この粉には、鮮度を保つ働き、外からの病気を守る効果、果実の水分を逃さない役目があるんですよ。多くの人が農薬と思っていた白い粉は自然のもので新鮮な証拠でもあるんですね。

疑問その2.農薬は大丈夫?

種無しのブドウを作る過程でジベレリンと言われる農薬の一種が使われています。これを使うことによって、受粉させずに実を大きくしたり、成長を早める効果が期待できるんですよ。言葉だけ見ると少し怖い気もしますが、ジベレリンは自然界にも存在する植物ホルモンの一種なんです。

また、世界でみても農薬について厳しい基準を設けている日本で許可されているものなので、安全と言って問題ありません。残留農薬についても気になるかと思いますが、シャインマスカットは収穫まであいだ一房ずつ袋を被せているので、農薬については、ほぼ心配のない果物なんですよ。

注意点その1.食べすぎるとどうなる?

シャインマスカットは甘みが強いのを売りにしているブドウなので、カロリーは低いですが糖分は高めです。この糖分は食べてからすぐにブドウ糖に変わるので、敵量を食べる分にはエネルギー源に変わり、健康面でも良いとされています。しかし食べすぎると糖分を取りすぎてしまい肥満の原因になりえるので注意してくださいね。

\次のページで「栄養満点のシャインマスカットを食べよう!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: