家庭科

舞茸ってどんなきのこ?どんな栄養素がある?効能や健康効果も管理栄養士がわかりやすく解説

今回は舞茸(まいたけ)についてみていこう。比較的安価な食材ですが、しいたけやえのきたけに比べるとあまり馴染みがないきのこかもしれませんね。でもその独特の香りと食感だけではなく、健康のために毎日の食卓に取り入れたい栄養素がたっぷりなんです。管理栄養士と一緒に解説していきます。

ライター/ママパンダ

主婦歴30年の管理栄養士。普通の会社員だったが、料理好きが高じて40歳代半ばにして大学に再入学、管理栄養士の資格を取得した経歴を持つ。現在は調理師養成施設で食費の栄養や調理理論を教えている。

舞茸ってどんなきのこ?

image by iStockphoto

舞茸はミズナラやブナなどの老木の切り株に発生する食用きのこ。根本から太い柄が分かれて広がり、先端のひらひらした半円形のかさがいくつも重なり合って大きな株をつくります。最大級で3kgを超え、青森県で15kgもの舞茸が採れてニュースになりました。ただ見つけるのが非常に難しく、見つけた人が「舞い踊って」喜ぶことから舞茸という名がついたとか。翌年、同じところに発生することが多く、見つけた場所を親子でも教えあわないとも言われます。

天然では希少な舞茸ですが、1970年代に人工栽培に成功して身近なきのこに。味噌汁や天ぷら、炊き込みご飯などの和風料理、スープや肉の煮込みなど洋風料理、炒め物など中華に幅広く料理に使われていますね。

「香り松茸味しめじ」、舞茸は?

image by iStockphoto

「香り松茸味しめじ」と言われますが、舞茸のスパイシーな香りとしゃきしゃきとした食感、複雑な旨味も負けていませんよね。舞茸の旨味は三大旨味成分のグルタミン酸とグアニル酸での2つを合わせると味の相乗効果で1つの時の数倍ものおいしさにだから秋田のきりたんぽ鍋には欠かせません。

旨味たっぷりなので塩こしょうはもちろん、料理酒で蒸してポン酢で、または唐辛子を効かせて、洋風にバターで、など様々な味つけで楽しめるところが舞茸の良いところ。また、新鮮な舞茸の鮮烈な香りには、しょうゆの香ばしさや黒こしょうのスパイシーな香りがよく合います。レモンやゆずなどの柑橘類の香りをプラスしてさらに香り高く、味わうのもおすすめ。

舞茸はダイエット向きの食材?

舞茸は、よく見かける1パック100gでわずか22kcal。鶏もも肉だったら一口大のそのまた半分と同じくらい。それは水分が90%以上で、脂質はほぼなく、3.5gがカロリーほぼ0の食物繊維だから。食物繊維は小腸で消化吸収されないまま大腸で水分を吸収して膨らみます。満腹感を感じやすくなって暴食を防ぐことができますね。さらにダイエットでは便秘になりがちですが、食物繊維が大腸の蠕動運動を活発にするので快便につながりますね。

舞茸の緻密な肉質は肉や魚のかさを増すのに最適。しかも舞茸のグルタミン酸と、肉や魚に含まれるイノシン酸を組み合わせるとおいしさをぐんと増しますよ。舞茸はおいしくて低カロリー、快便でぽっこりおなかの改善までダイエットの強い味方ですね。

舞茸に含まれる栄養素と効能は?

舞茸は水分が9割で低カロリーだからダイエット食材としては優秀でも栄養素は少ないのでは?と思ってしまう方もいるかもしれませんね。でも舞茸には食物繊維やビタミンD、ビタミンB群など私たちの健康を支えてくれる栄養素がぎっしり。どんな栄養素が詰まっているのか、なぜ積極的に摂りたい食材なのかを見ていきましょう。

\次のページで「1.腸内環境改善に役立つ食物繊維」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: