家庭科

カリフラワーは白色だけじゃない?旬や種類、新鮮なカリフラワーの選び方も管理栄養士が詳しくわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

カリフラワーは白色のものだけではないんだな。白・オレンジ・紫そして黄緑と色だけでもたくさんあるから、目的やシーンによって使い分けたりすると、簡単にレシピも広がって料理の彩りも楽しくなりそうだな。

新鮮なカリフラワーの見分け方・選び方のコツは?

お店でカリフラワーを購入する時、どのようなことに気をつけますか?「鮮度が良いほうが美味しいだろう」とは思っても、その見分け方が難しいですよね。この記事では、新鮮なカリフラワーの見分け方や選び方のコツをお伝えします。

新鮮なカリフラワーはここを見て選ぼう!

鮮度の良いカリフラワーは、ずっしりとした重みがあり、つぼみ(花蕾)がぎゅっとしまり、丸みを帯びてこんもりとしています。さらに、葉の緑色が鮮やかで切り口がみずみずしいですよ。また、茎が太いことも美味しいカリフラワーを選ぶポイントです。

避けた方がいいカリフラワーのチェックポイント

お店でカリフラワーを購入する際、軸が変色していたり、空洞ができてスが入っているものは、鮮度が落ちているので避けたほうがよく、また、つぼみ(花蕾)が開きかけているものも鮮度が落ちている可能性があります。さらに、葉っぱがしなびていたり、変色している場合は、収穫してから日にちが経ってしまっている可能性があるため避けましょう。

さらに、白色のカリフラワーが、茶色になっていたり、黒いシミのあるものも避けましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

新鮮なカリフラワーを見極めるポイント!避けた方がいいポイント!知っているようでいてもいまいち自信がなかったけれど、初心者でもこれからは大丈夫そうだな!色の違いで楽しむのもよしだし、カリフラワーという野菜は、われわれをいろんな角度から楽しませてくれそうだ。

いろいろなカリフラワーを食べてみよう!

形が花のようだけどれっきとした野菜のカリフラワーは、新しい品種も増えてきて、近年日本でも人気になってきています。なかなか市場には出回らない品種もあり、家庭菜園で育てる人も増えているそう。家庭菜園が趣味である筆者も栽培しています。魅力がたくさんで使いやすいカリフラワー。お好みのタイプを探してみてはいかがでしょうか?旬の時期には美味しさ倍増ですよ。

1 2 3
Share: