家庭科

小松菜の旬はいつ?種類や選び方のコツもフリーランス管理栄養士がくわしくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では小松菜の旬や種類、選び方のコツについて解説していくぞ。小松菜はお浸しやナムルとったメニューで使われることが多い人気の野菜だよな。スーパーの野菜コーナーでは一年を通して並んでいるイメージがあるかもしれないが、実は小松菜にも旬の時期がある。旬の小松菜は味が濃くておいしいぞ。また、小松菜にはたくさんの種類がありそれぞれ特徴がある。今回はそんな小松菜の旬や種類、そして選び方のコツなどをフリーランスの管理栄養士の宮本ゆかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/宮本ゆか

フリーランスの管理栄養士兼Webライター。最近はまっているのは、お気に入りのオーガニックの食材を使用して作り置き料理をつくること。時間短縮可能な献立や調理法を研究中。食に関する知識をいかし、わかりやすく紹介していく。

小松菜の旬と主な産地

image by iStockphoto

ここからは小松菜の旬の時期と日本の主な産地についてみていきましょう。小松菜に限らず旬の時期の野菜は味が濃くておいしいのが特徴です。小松菜の旬の時期を知って、ぜひそのおいしさを味わってみてくださいね。主な産地とあわせてご紹介していきます。

小松菜の旬はいつ?

小松菜はハウス栽培などの普及もあり一年を通して収穫されている野菜ですが、旬があります。小松菜の旬は主に11月から3月にかけての寒い時期です。小松菜は寒さに強く「冬菜」や「雪菜」とも呼ばれることがありますよ。霜が降りるくらいの寒さを耐えた小松菜は甘さが増すとも言われています。

主な産地 

小松菜は関東や北関東などで盛んに栽培されています。小松菜の産地として有名なのは茨木県、埼玉県、福岡県、東京都です。とくに茨木県は海沿いの温暖な気候かつ小松菜の栽培に適した土壌のため小松菜の生産量が日本一となっています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

小松菜の発祥地を知っているか?実は小松菜は東京都が発祥だ。江戸川区を流れている小松川が小松菜の名前の由来だとされている。小松菜は東京で伝統的に栽培されてきたことから「江戸野菜」とも呼ばれることがあるぞ。

小松菜にはどんな種類があるの?

image by iStockphoto

ここからは小松菜の種類についてみていきましょう。小松菜は全国的に栽培されている品種から、地方種と呼ばれるその地方特有の品種までたくさんの種類があります。それぞれの特徴についてくわしく解説していきますね。

\次のページで「1.うま味が濃い「ちぢみ小松菜」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: