雑学

3分で分かるリラクゼーションとマッサージの違い!どちらが国家資格で健康保険証の対象になるの?文学部卒ライターがわかりやすく解説

よお、桜木建二だ。この記事ではリラクゼーションとマッサージの違いについてみていくぞ。どちらも体をほぐしてもらうことで、コリや筋肉のハリなどの悩みを解消するといったイメージがあるだろう。違いは、国家資格の有無や健康保険の給付が受けられるかといったところ、医師の指示書が必要か不要かなどがあるようだ。今回は2つの言葉の違いを、家族に訪問マッサージを利用させていたライター海辺のつばくろと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/海辺のつばくろ

半身不随になった祖父にリハビリの一環で、訪問マッサージを受けさせていた文学部卒のライター。

リラクゼーションとマッサージのざっくりとした違い

image by iStockphoto

リラクゼーション(英語:relaxation)は、日本語で骨休め休養、癒やしといった意味。マッサージ(英語:massage)は筋肉などを揉むことをいいます。もともとの言葉の意味を考えると、やはり違いがありますね。

リラクゼーション:公的な資格がなくても施術可能

リラクゼーションは、疲れや緊張を軽減して心身を癒やすための施術です。民間資格で、特に国家資格は必要ありません健康保険による給付は受けられないので注意しましょう。施術する店舗や国内外の各種学校などで数ヶ月~2年程度と一定期間研修をして、技術や知識を身につけるところが多いです。施術者のことをセラピスト(心身の不調を癒やす人)と呼ぶ場合も。手や器具などを使って施術します。

マッサージ:国家資格を有する人が施術

マッサージとは、病気や怪我などの治療や症状などの改善のために行うための施術。マッサージをする人のことをマッサージ師と呼びますよね。筋肉や皮膚を揉む、さする、なでる、軽く叩くなど手を使った技術が主です。

マッサージ師になるには、あん摩マッサージ指圧師という国家資格を取得する必要があります。まず国が指定する専門学校で3年(大学なら4年)規定の授業を受けて勉強することが条件。国家試験は12科目にわたる出題範囲からなり、合格率は約8割とのことです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

リラクゼーションとマッサージの最も大きな違いは、民間資格で営業できるのか、国家資格を取得する必要があるのかという点なのだな。では、リラクゼーションの特徴について、詳細を確認してみよう。

リラクゼーションの特徴

image by iStockphoto

リラクゼーションは、心身の緊張を取って癒やす目的で施術してもらうこと。具体的にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

\次のページで「1.施術内容が豊富」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: