IT・プログラミング雑学

URLとURIの違いとは?アドレス?識別子?定義から意味までプログラマーがわかりやすく解説

URIとは名前や住所の書き方を決めたルール

image by iStockphoto

ざっくりとURIやURL、URNについて説明しましたが、その内容についてもう少し詳しく説明します。最初に覚えてほしいのはURLやURNとはルールだということです。そのルールに従って書かれた「https://study-z.net/…」というものもURLですが、URLのルールで書かれているということ、ルールがあるということが一番大切なことになります。

住所を示すURLと名前を示すURN

URLのLはLocatorのこと。つまり住所です。この後にホスト名やポート番号、パスというものが続き、Webの世界にある特定のページを参照できるようになっています。それぞれの中身についてはそのWebサイトのオーナーの自由ですが、ルールが決まっていることでブラウザが世界中のどのWebページでもアクセスできるわけです。

URNのNはNameのこと。「ISBN:XXXXXXXXXX」と書いてあれば、これは本のISBNコードだろうと人間は分かりますが、コンピュータにはわかりません。そのため「urn:ISBN:XXXXXXXXXX」と書くことで、コンピュータにもこれは本のISBNコードだと分かるわけです。

表に出てこないURN、知名度抜群のURL

URLは人間がブラウザでWebにアクセスする際にも使うのでなじみ深いと思います。しかし、URNはもともとコンピュータ用のものなので、人間向けにはあまり使いません。それもあって、URNというものがあることを知らないという方も多いです。その両者を合わせたものがURIであるということも知らないのも当然ですよね。

Webの仕事をしていない限り一般的にURNに触れる機会は少ないです。そのため、URNやURIという言葉や意味を知らなくても困らないし、URL=URIという認識でも問題はありません。厳密な定義や違いを知ることも大事ですが、一般的には困らないことも多いです。

ですのでなんとなくURLとは違うURNやURIというものがあることを覚えているだけで十分。雑学自慢には便利ですけどね。以後、この記事ではURLやURNをまとめてURIと書きます。

なぜURIが必要?統一的な名前や住所の必要性

WebのアクセスにURLが必要なのはよいとして、それだけならWebアドレスのルールだけあればよいですよね。では何のためにURIが必要なのでしょう。実は最初にWebアドレスとしてのURLが生まれて、そこからURLで他のものの場所も示すようになります。さらにURNという名前のルールが生まれました。

例えば、パソコン内のファイルの場所を示す「file://XXX」というURLがあります。パソコンのファイルはWindowsなら「c:¥users¥Gonbe¥Documents¥nanika.txt」です。しかし、MacやLinuxでは「/users/Gonbe/Documents/nanika.txt」になります。過去の経緯があるとは言え、違いがあると面倒ですよね。そのため、ファイルの場所を示す統一ルールの「file//…」があります。統一ルールがあるといろいろ便利なことが多いのです。

\次のページで「どこまで知ってる?URIの豆知識」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: