雑学

3分で分かるラーメンとつけ麺の違い!どっちがカロリーが高いの?特徴やおいしい食べ方も雑学コレクターが分かりやすくわかりやすく解説!

つけ麺の美味しい食べ方

つけ麺をそのまま麺をつけ汁につけて食べるのも良いものですが、つけ麺をもっと堪能できるおすすめな食べ方をお伝えしていきます。つけ麺を食べる際にぜひ参考にしてみてくださいね。

その1:まずは麺だけ食べる

つけ麺を頼んだ際にぜひやっていだたきたいのが、つけ麺の麺だけ食べることです。つけ麺では麺がメインと言われるほど、麺にはお店のこだわりが詰まっています。麺のコシや香りなどこだわりはお店によって違いは様々。ぜひともつけ麺を食べる際には、麺だけを食べて味わってみてください。

その2:つけ汁に麺を絡めて食べる

麺を味わった後はつけ汁につけてつけ麺をいただきます。ただここで注意して欲しいのが、麺をスープに浸しすぎないことです。大抵の場合つけ麺の麺は水で締められた状態で冷や麺で提供されるため、スープに麺を浸しすぎるとスープが冷めやすくなってしまい美味しさが半減します。つけ麺を食べる際にはスープには浸しすぎず蕎麦を食べるように、麺の半分くらいまでつけ汁をつけて食べてみてください。

その3:途中で味変も

麺を半分くらい食べた頃合いで味変をするのもおすすめです。ラーメン屋には卓のどこかにお酢やラー油などといった調味料が置かれていたり、別にトッピングなどもメニューにあったりしますよね。調味料やトッピングなどをすることで味わいが変わり最後まで美味しく食べることができます

その4:〆はスープで

麺を食べ終えた後はそのままお会計。ではなく最後の〆としてスープをいただきましょう。つけ麺は麺だけでなくスープにもこだわりを持って作られているため、味わないのは非常にもったいないです。

ただつけ麺のスープはとても濃いめに作られておりそのまま飲む事は出来ないため、お店に用意されているスープ割で薄めていただきます。このスープ割にもお店によってこだわりがあるところが多く、中身はスープに合うように出汁などを使用して味を整えているところも。ぜひ食後の〆にスープを飲んでみてくださいね。

ラーメンとつけ麺違いは食べ方だけじゃない

ラーメンとつけ麺は提供のされ方から食べ方の違いに目が行きがちですが、よくよく見てみるとスープの濃さであったり麺の太さにも違いがあります。ラーメンとつけ麺を実際食べる際には、今回紹介した違いや美味しい食べ方を意識してみるとラーメンとつけ麺をより一層楽しむことができるはずです。

1 2 3 4
Share: