雑学

3分で分かるラーメンとつけ麺の違い!どっちがカロリーが高いの?特徴やおいしい食べ方も雑学コレクターが分かりやすくわかりやすく解説!

・麺がスープに絡みやすくなる
・スープと麺の味のバランスを取るため

などと濃厚なスープとのバランスを保つために、つけ麺では太麺が定番とされていることにも納得がいきますね。つけ麺の場合、麺にも味がついているところも多く、麺の風味を最大限活かすためにも太麺は最適といえるでしょう。またラーメンと同様にちぢれ麺や平麺と形も様々あるため、つけ麺を食べる際にはどういった麺を使っているのか、麺だけの味はどういったものかなどを意識して食べてみても面白い料理です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

これまでラーメンとつけ麺は麺とスープが分かれているかそうでないか食べ方くらいしかないものと思っていたが、言われてみればスープの濃さや麺の太さも確かに違うものだ。今後ラーメンやつけ麺を食べる際には、麺やスープの濃さを意識しながら食べてみたら新しい発見もあるかもしれないな。

違いその3:カロリー

ラーメンとつけ麺ではカロリーにも大きな違いがあります。大体1人前の600グラムでのカロリーを基準にしてみましょう

ラーメン:およそ430kcal

今回は比較的シンプルな醤油ラーメンを参考にカロリーをみてみましょう。ラーメンのカロリーは600グラムおよそ430kcalとなっています。ただしこれはスープも完飲した場合のもので、スープを残した場合にはおよそ390kcalまでカロリーを下げることが可能です。カロリーを気にする方はラーメンのスープは残すようにしましょう。

つけ麺:およそ600kcal

つけ麺はおよそ600kcalとラーメンよりも200kcalも高いことがわかりますね。なぜつけ麺の方がラーメンよりカロリーが高いのでしょうか。その秘密は麺の量にあります。つけ麺ではラーメンよりも麺の量が1.5倍ほど多いのです。

ラーメンの麺には糖質がたくさん含まれています。そのためラーメンより麺の量が多いつけ麺の方がカロリーが高くなってしまうのです。「カロリーが気になるけどどうしてもつけ麺が食べたい!」という方は、麺の量を少なく注文するとカロリーも抑えることができます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

これまでラーメンとつけ麺の違いについて紹介してきたが、中にはラーメンを食べたことはあっても、つけ麺は食べたことがないというやつもいるんじゃないか?次章ではラーメンでは真似できない、つけ麺ならではの食べ方を紹介しているみたいだ。いったいどういう食べ方をするのか気になるな。

\次のページで「つけ麺の美味しい食べ方」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: