雑学

3分で分かるラーメンとつけ麺の違い!どっちがカロリーが高いの?特徴やおいしい食べ方も雑学コレクターが分かりやすくわかりやすく解説!

ラーメン:スープだけでも飲める濃さ

ラーメンのスープは種類にもよりますが、基本的にはそのままレンゲですくって飲むことができる程よい濃さのものが多いです。スープはラーメン屋でもこだわっている部分でもあるため、ラーメンを食べる際にはぜひスープを味わってください。ただしラーメンのスープは塩分が多く含まれているので、血圧の高い方は完飲は避けた方が良いでしょう。

つけ麺:かなり濃い目なスープ

つけ麺は、麺をスープにつけて食べるためラーメンよりもかなり濃い目に作られています。中にはつけ汁がドロドロになるほど濃厚なものも。つけ麺のスープはラーメンのように、そのまま飲むことはあまりおすすめしません。つけ麺のスープを飲む際には、店に用意されているスープ割を使用してスープを薄めて飲みましょう。

違いその2:麺の太さ

image by iStockphoto

ラーメンとつけ麺では使われる麺の太さが違います。どのような違いがあるのかみてみましょう。

ラーメン:麺の太さは様々

ラーメンの麺の太さはスープによって変わるため、これといった定番はありません。麺には

・極細麺
・細麺
・中細麺
・中太麺
・太麺
・極太麺

などと様々な種類があり、さらにこれらに加えてちぢれ麺や平打ちなど麺の形もあります。これらの麺の太さや形はスープとのバランスを考えて決めるなど、お店によってはこだわりが隠されていることも。ラーメンはスープと麺のバランスなどを感じながら食べるのもまた1つの楽しみです。

つけ麺:太麺が定番

つけ麺では太麺を使うのが定番の料理です。太麺を使用する理由としては主に濃厚なスープにあります。

\次のページで「違いその3:カロリー」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: