家庭科

赤魚はダイエットや筋トレにおすすめ?栄養や効果効能も現役料理人がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は赤魚について学んでいくぞ。よくスーパーで粕漬けになって売られている魚だ。赤魚というのは正式名称ではなく、流通上の総称にすぎない。では本当は何という魚なのか?赤魚の特徴や栄養と効能について、現役料理人ライターのテルトラと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/テルトラ

経験15年の現役料理人。和食を中心にさまざまな業態で多くの食材にふれてきた。得意分野は魚料理。

赤魚ってどんな魚?

image by iStockphoto

赤魚(あかうお)とは正式名称や学名ではなく、皮が赤い魚の総称です。おもな種類はメバルの近縁種であるアコウダイ(赤魚鯛)、アラスカメヌケ、チヒロアカウオ、モトアカウオなど。赤魚には深海魚が多く、水圧の急激な変化で目が抜け出るためメヌケとも呼ばれます。

赤魚の特徴

現在スーパーで見かける赤魚は、下記の2種類がメインです。

・アラスカメヌケ‥アメリカ産・ロシア産など
・モトアカウオ‥グリーンランド産・スペイン産・カナダ産・アイスランド産など

ほぼ輸入で値段も安く、冷凍物の切り身・粕漬けや干物などの加工品が多くを占めます。国産赤魚の代表格といえば、日本近海で獲れるアコウダイです。古くから大衆魚として知られ、アコウダイの煮付けは食卓の人気メニューでした。近年は漁獲量の減少にともない値段が高騰し、料亭などで高級魚として扱われています。

赤魚がダイエットや筋トレにおすすめなのはなぜ?

赤魚がダイエットや筋トレにおすすめなのは高タンパク質で低カロリーな上、低糖質だからです。赤魚は筋肉の材料となるタンパク質が豊富で、脂質や糖質が少ない食材なんですよ。特に糖質の低さは驚異的で、ダイエットや筋トレに適しています。

アラスカメヌケ100gあたり
・エネルギー:105kcal
・タンパク質:17.2g
・脂質:3.4g
・糖質:0.1g

サラダチキン100gあたり
・エネルギー:113kcal
・タンパク質:21.48g
・脂質:1.47g
・糖質:2.11g

ムニエルや煮付けなど、調理法によってはカロリーと糖質の摂取量が増えます。ダイエット目的で赤魚を調理する場合は、シンプルな焼き物がおすすめです。

赤魚の塩焼き
・エネルギー:101kcal
・糖質:0.1g
赤魚の粕漬け
・エネルギー:100kcal
・糖質:1.8g
赤魚の煮付け
・エネルギー:104kcal
・糖質:7.7g

赤魚はどんな味?

赤魚は皮が赤いだけで、味や食感は白身魚に近いです。淡泊でクセがなく、加熱しても硬くならないのでふっくらと仕上がります。身離れがよく食べやすいため、給食や病院食にも使われる食材です。魚の種類によって身質が多少違います。

・アラスカメヌケ‥皮がしっかりしていて加熱すると身が締まる
・モトアカウオ‥皮も身もやわらかく加熱すると崩れやすい

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

スーパーなどで売られている赤魚は、魚の種類までは表示されていない。だが産地や海域からある程度は魚種を予測できるぞ。赤魚の産地は上記の解説を参考にするといいだろう。タンパク質や脂質・糖質に関して、大きな差はないようだ。

赤魚の栄養素と効能は?

image by iStockphoto

赤魚はタンパク質以外にも、優れた栄養素が豊富です。その中から下記4つの成分について、詳しく解説します。

・DNA・EPA
・レチノール
・ビタミンD
・ビタミンB12

食べ物から摂取するしかない成分や、野菜にはほとんど含まれない成分もあります。

次のページを読む
1 2 3
Share: