家庭科

パイナップルってどんな種類があるの?旬や選び方もフードアナリストがわかりやすく解説

この記事ではパイナップルの種類について見ていきます。日本国内で食べられているパイナップルは、ほとんどが輸入されているんです。温暖な気候でしか育たないパイナップルは、国内だと沖縄と一部の地域でしか育たない果物なんです。そのパイナップルですが食用だけでも200種類以上があると言われていて、食用以外にも観賞用のパイナップルもあるみたいです。今回はそんな南国を代表するフルーツ、パイナップルの種類や違いについて確認しつつ、フードアナリストのコナパパと一緒に解説していきます。

ライター/コナパパ

フードアナリストのコナパパと申します。エスニック料理店で働いていた経験があり、東南アジアに旅行に行くのが大好です。常夏のその土地で食べる南国フルーツ達は格別に美味しく感じるんですよね。今回は、日本ではおなじみの南国フルーツ、パイナップルについてご紹介します。

パイナップルの旬と産地

image by iStockphoto

日本のスーパーなどで買えるパイナップルは、そのほとんどが輸入品なんです。しかも、フィリピンからの輸入が大半をしめているんですよ。近年は台湾からも輸入されるようになったパイナップルですが、ここでは原産地や美味しい季節はいつなのか解説していくので、ぜひご覧ください。

パイナップルの美味しい季節はいつ?

国内に出回っているほとんどのパイナップルは旬がありません。それはなぜかというと、フィリピン産だからです。フィリピンは一年を通して高温多湿で、年間の平均気温が26.5℃にもなり気温の変化があまりない国なんですよ。日本のように四季がなく、一年中常夏のフィリピンから、安定して輸入されているパイナップルには旬がないんですね。

国産にも目を向けると、沖縄県産では4月から6月頃が旬とされています。沖縄も暑いイメージがありますが、冬になると15℃以下まで気温が下がることもあるので、沖縄県産のパイナップルは4月頃から8月頃までしか収穫されていないんですよ。

パイナップルの原産地はどこ?

パイナップルップルの原産地は中南米のブラジルとされています。そのため、主な生産地は赤道あたりに多く集まっていて、2019年の生産量トップ3は1位コスタリカ、2位フィリピン、3位ブラジルです。ちなみに日本は55位でそのほとんどが沖縄県で栽培されているんですよ。日本にフィリピン産のパイナップルが多く輸入されているのは地理的にも近いのが理由なんです。

パイナップルの種類ってどれくらいあるの?

image by iStockphoto

パイナップルにどれくらいの種類があるか知っていますか?ここでは、スーパーでよく見かける種類、近年よく見かけるようになった台湾産、国産の珍しいパイナップルなどについてご紹介します。

国産のパイナップルってあるの?

日本でもパイナップルは生産されています。そのほとんどが沖縄県産で、石垣島や本島北部の限られた土地でしか生産されていません。

沖縄のほかには鹿児島県で栽培されていますが、2019年の生産量では沖縄県が99.9%、鹿児島県が0.01%という数字で極わずかです。

パイナップルの栽培は土壌と気候に影響されます。土壌は酸性で赤土の水はけが良い土地が不可欠になり、気候は30℃ほどの暑さが必要になので、日本国内では限られた土地でしか栽培出来ないのです。国産のパイナップルは生産量がそもそも少ないのと、糖度が高く味が抜群に美味しいので、価格は少々高めになっているんですよ。

\次のページで「世界にパイナップルってどれくらいの種類があるの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: