家庭科

パイナップルってどんな栄養があるの?特徴や効能もフードアナリストが詳しくわかりやすく解説

妊婦さんや赤ちゃんは食べても大丈夫?

妊娠中にパイナップルを食べるのは良くないと聞くことがありますが、医学的な根拠はないようです。パイナップルには食物繊維、鉄分、ビタミンC など妊婦さんに必要な栄養素を多く含んでいるので、妊娠中になりやすい貧血や便通の解消にもおすすめの食材ですよ。ぜひ参考にしてください。

パイナップルに限らず南国フルーツは消化しにくい傾向があリます。赤ちゃんに与える際は、毎日は避け、少量をたまにあげるくらいにし、消化しやすいように細かく刻んであげると体に負担がかかりにくくなりますよ。また、パイナップルはアレルギー症状が起きる可能性があるので、食べたあとは口の周りを濡れたガーゼなどで拭いて、水や麦茶を飲ませ口の中の果汁も流してあげましょう。

パイナップルと食物アレルギー

パイナップルを食べたことで口の中が腫れたり、口に違和感を感じることがあります。そのような症状が出たらパイナップルによる食物アレルギーの可能性があるので注意が必要です。またラテックス-フルーツ症候群や口腔アレルギー症候群の可能性もあるので、ただちに食べるのをやめて、病院を受診しましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

パイナップルを食べてアレルギー症状が起きることもあるのか。それは注意が必要だな。

しかしこれだけの栄養素があるから、しっかり知識持って食べれば新陳代謝や疲労回復にも効果があって、健康には良い食材なのは間違いないな。うまいからといって、食べすぎにも気をつけるぞ!

パイナップルを食べて健康的な身体を目指そう!

パイナップルはイメージ通り身体に良い果物です。疲労回復や便通の改善の他にもさまざまな効果があるので、美味しくたべて健康的な身体を目指しましょう!ただ、アレルギー症状や食べすぎには注意が必要なので、自分の身体と相談しながら適切な食べ方が出来ると良いですね。

1 2 3
Share: