言葉雑学

shouldとought toの違いとは?どっちがいいの?意味や例文も雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではshouldとought toの違いについてみていくぞ。どちらも「~すべきだ」という意味でおなじみの英語だ。日本語に訳すと同じ意味になってしまうが、実は両者は細かいニュアンスの違いがあるそうだ。
今回はそんなshouldとought toのニュアンスの特徴をおさえながら、違いと使い方について雑学好き現役大学院生ライターのききと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

shouldとought toとは?

高校英語でたびたび登場するshouldとought to。どちらも「~すべきだ」を表す助動詞ですよね。同じ意味を持つshouldとought toですが、実は、両者の間にはわずかなニュアンスの違いがあるのです。そこで、今回はそんなshouldとought toのニュアンス違いについて、それぞれの例文を挙げながら解説していきます。

shouldとought toの違いとは?

皆さんは、shouldやought toに対してどのような印象がありますか?どちらも「~すべきだ」や「~しなくてはならない」など、伝える相手に対して強制的に何かをさせようとしているように感じますよね。しかし、実際のニュアンスには、そこまでの強制力がありません。両者の違いは主に「主観的もしくは客観的にみてあることをすべきなのか」ということと、「義務感の強さ」の2つのポイントがあります。

この2つのポイントについて触れながらshouldとought toの違いについて詳しく解説していきますね。

should:主観的な「~すべきだ」

image by iStockphoto

ought toよりもよく耳にするshould。shouldにはどのようなニュアンスがあるのでしょうか。イメージとしては、「~した方がいいよ」といったように、相手に軽くアドバイスするという意味合いになります。また、アドバイスする人が「私はこうした方がいいと思う」といったように、主観的な意見であることがほとんどです。

このようにshouldは、そこまで強制力はなく、アドバイスする側の主観的な意見を相手側に伝える時に使われます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ちなみに、shouldは「~すべき」のほかに、「~なはず」といった予想や「~するはずだった」という過去のことを表す時にも使われるぞ。

ought to:客観的な「~すべきだ」

image by iStockphoto

ought toは、shouldよりも客観的な真実を伝える時に使われます。例えば、法律やルール、マナーなど一般的なことをアドバイスする時にought toが相応しいです。そのため、ought toはイメージとして「当然~するべき」という意味合いになります。shouldと比べると相手に対して「~をしなければならないのか」と強い義務感を与えやすいです。

次のページを読む
1 2 3
Share: