雑学食べ物・飲み物

カフェラテとカフェモカの違いとは?カプチーノやカフェオレとの違いも現役大学院生がわかりやすく解説

番外編:カプチーノやカフェオレとは?

image by iStockphoto

ここまで、コーヒーの代表的なメニューであるカフェラテとカフェモカの違いについて解説しました。この2つの他に、喫茶店などで様々なコーヒーメニューがありますよね。ここでは、番外編としてカプチーノとカフェオレについてもご紹介します。コーヒーの種類をより多く知ることで、コーヒーをさらに楽しめるかもしれませんね。

カプチーノ:フォームドミルクがたっぷり

カプチーノは、カフェラテやカフェモカと同じようにエスプレッソを用います。また、使用するミルクはスチームドミルクとフォームドミルクの両方。カフェラテのミルクの泡の厚さが約2mmであるのに対して、カプチーノは約1cmに。カフェラテと比べると使用されるフォームドミルクの量が多いことがわかりますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

カフェラテにフォームドミルクを加えるとカプチーノになるぞ。

カフェオレ:ドリップコーヒーを使用する

カフェラテやカフェモカ、それにカプチーノではエスプレッソを使用していました。しかし、カフェオレの場合、エスプレッソではなくドリップコーヒーを使うのです。ドリップコーヒーの抽出量は、粉の量が8g~12gに対して120mL~150mL。エスプレッソと比べて抽出量が約4倍も多いことになるのです。そんな方法で抽出されたドリップコーヒーに、同量のスチームドミルクを加えたものがカフェオレになります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ドリップコーヒーの抽出方法は、粉がセットされたペーパーフィルターにお湯を注いで抽出されるというものだ。家庭でも簡単にできるから、ぜひ試してみてくれ。

カフェラテとカフェモカはエスプレッソとミルクの比率が違う!

カフェラテとカフェモカの違いは、エスプレッソとミルクの比率でしたね。カフェラテはカフェモカよりもミルクが多いので、苦いものが苦手な方でも比較的飲みやすいでしょう。一方で、カフェモカはエスプレッソの量がカフェラテよりも少し多めでした。その上にチョコレートソースなどをトッピングすることで、ほろ苦さとチョコレートの味わいを楽しめます。

また、使用するミルクはどちらもフォームドミルクですが、カフェラテはスチームドミルクでも美味しくいただけるのでしたね。同じコーヒーでも、抽出方法や使用するミルクなどで全く違う味わいが生まれます。本記事を参考にしながらコーヒーを楽しんでくださいね。

1 2
Share: