家庭科

ヤーコンは「畑の梨」?食べ過ぎるとどうなる?特徴や栄養・効能も管理栄養士が詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今回はヤーコンという野菜についてみていくぞ。みんなはヤーコンって野菜を知っているか?聞いたことはあるが食べたことはない人も多いんじゃないか?あまりスーパーでも見かけない野菜だが、どうやら栄養豊富な食べ物のようだ。ヤーコンの特徴や栄養、食べると体にどんな効能あるかを管理栄養士のizuと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/izu

フリーランス管理栄養士izuと申します。食材の良さを引き出してより美味しい食べ方を考えるのが好きです。様々なレシピ考案をする中で、実際にヤーコンを使ったレシピも作っていました。一見さつま芋のような見た目のヤーコン。食感は芋類とは全く違い、シャリシャリとした食感が特徴で、アレンジが楽しい野菜ですよ。

ヤーコンってどんな野菜?

image by iStockphoto

ヤーコンはスーパーではあまり見かけないので、名前は知っていても実際に食べたことがある人は少ないのではないでしょうか?そんな一見さつま芋そっくりなヤーコンの特徴や栄養価、効能について詳しくご紹介していきます。

ヤーコンの原産地は?

image by iStockphoto

ヤーコンの原産地は南米・アンデス高地です。2000年以上前からアンデス地方では栽培されていました。日本にやってきたのは1980年代で、当初はあまり浸透しませんでしたが、低カロリーで豊富な栄養成分が注目され、最近ではよく目にするようになりました。

「畑の梨」と呼ばれる理由は?

ヤーコンはほのかな甘みとシャキシャキした食感から、「畑の梨」とも呼ばれます。切り口もみずみずしく、半透明の色をしているので梨のようです。芋の一種ですがでんぷんがほとんど含まれておらず、生で食べることもできるので、お漬物や、サラダに入れて食感を楽しむことができますよ。

ヤーコンはどんな味?

見た目はさつま芋そっくりなヤーコン。味は甘さ控えめの梨のような風味です。そのほのかな甘みの正体はオリゴ糖!しつこい甘さではなくさっぱりとしているので、実はいろいろな料理に使いやすいのです。コクは少なめですがくせがないので、生で食べることもできますし、加熱して自分好みの調味料を使って変化を楽しむことができます。

食べ方としては、ヤーコンやお好みの野菜を千切りにしてマヨネーズやドレッシングで和えたサラダや、豚バラ肉や人参と一緒に炒め物にしたり、青のりを衣に入れて揚げた磯部揚げがおすすめです!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ヤーコンは食べたことがなかったが、芋のような見た目なのに食感は独特のようだな。栄養豊富で低カロリー、しかも調理方法もバリエーション豊かとなるとますます気になる野菜だ。次に実際ヤーコンにはどんな栄養素が含まれているのか、さらに学んでいくぞ!

ヤーコンに多く含まれる栄養素とは?

ヤーコンは他の芋類とは違い、でんぷん質がほとんど含まれていません。特徴的なのはフラクトオリゴ糖が多く含まれていること。こちらではフラクトオリゴ糖の効能やそれ以外のヤーコンに含まれる栄養素について解説していきますね。

1.フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は難消化性のオリゴ糖です。胃で分解されず大腸まで直接届くので、糖として吸収されることがなく、血糖値の上昇がほとんどありません。また、フラクトオリゴ糖は腸内に存在している善玉菌のエサになるため、善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用があるんですよ。

\次のページで「2.食物繊維」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: