家庭科

アスパラは緑色だけじゃない?旬や種類・選び方もフリーランス料理人が詳しくわかりやすく解説

アスパラの国内生産量
1位 北海道 3,340 (t)
2位 佐賀  2,850 (t)
3位 熊本  2,110 (t)
4位 長野  2,070 (t)
5位 福岡  1,930 (t)

北海道は生産量が最も多く、作付け面積も全国最大のようです。そもそもアスパラは保存ができる野菜。そのため大阪や東京といった大都市から離れた場所でも、栽培・出荷が可能だそうですよ。

輸入ものはメキシコが1位

アスパラの輸入量を、1位から5位までまとめました。

アスパラの輸入量
1位 メキシコ     7,684 (t)
2位 オーストラリア  1,225 (t)
3位 ペルー      164 (t)
4位 タイ       87.4 (t)
5位 中国       57.4 (t)

輸入ものはメキシコが堂々の1位ですね。輸入量全体に占める割合は、83%にもなるそうです。次に多いオーストラリアは、全体の13%ですよ。そして、3位以下の輸入量が約4%です。そもそもアスパラは約70%を国内で生産し、約30 %を輸入に頼っています。輸入量が多くなるのは、国産アスパラの旬が終わる秋から冬にかけてです。

美味しいアスパラの選び方は?

image by iStockphoto

普段何気なく選んでいるアスパラ。明らかに傷がついているものを除けば、どれも同じなような気がします。このように美味しいアスパラの選び方については、いまいち分からないところ。注目すべきポイントを詳しく解説していきます。

その1.色をチェックしよう

まずはアスパラの色をチェックしましょう。濃い色が美味しいアスパラとされていますよ。また色が均一で、根元まで濃いものを選びましょう。根元が白くなっているアスパラが多いので、気をつけましょう。

\次のページで「その2.太いものを選ぼう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: