雑学

3分で分かる!近視と遠視の違いとは?放置したらどうなる?症状や見え方の違いも雑学コレクターがわかりやすく解説!

遠視を放置すると眼精疲労が起きやすい

遠視は遠くを見るのも近くを見る際でも目の中ではピント調整を行なっているため、非常に疲れやすく眼精疲労の症状が起きやすい傾向にあります。眼精疲労の症状は様々あり、

・目の疲れや痛み
・肩こり
・頭痛
・吐き気

といったものが主な症状です。眼精疲労が悪化すると上記の症状も重くなるため日常生活に異常をきたしてしまう恐れも。眼精疲労を軽減させるためにも

・遠視用のメガネやコンタクトを使用して目の負担を減らす
・遠くを見たり目のストレッチやマッサージをしたりして目を休ませる
・レバーやブルーベリーといった目に良いとされる食材を食べる

などの対策を取ることで、眼精疲労による症状も和らげることができるでしょう。

近視や遠視かな?と思ったらすぐに眼科へ

近視と遠視の見え方の違いについてご紹介してきましたが、近視や遠視を軽視する方は残念ながら多く見かけます。近視と遠視は放置すると日常生活にも支障をきたしかねない症状であるため、少しでも視力の低下を感じた際には早急に眼科医に相談してみてください。

1 2 3 4
Share: