国語言葉の意味

【ことわざ】「親の欲目」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師がわかりやすく解説!

この記事では「親の欲目」について解説する。

端的に言えば「親の欲目」の意味は「親が子供を実際以上によく見ること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んです。一緒に「親の欲目」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「親の欲目」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「親の欲目」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「親の欲目」の意味は?

「親の欲目」には、次のような意味があります。

親はわが子がかわいいため、実力以上に評価すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「親の欲目」

この言葉は、「親が、子供への愛情や好みのために、都合よく物を見ること・その見方」を意味することわざです。親が自分の子供がかわいいあまりに非常に甘い評価をしてしまう…という話は、想像しやすいのではないでしょうか。

実力以上の評価をするということで、親の過大評価や、(子供が)実力不足であるなど、あまり良いニュアンスにならない場合が多くありますが、一方で愛情がとても深いという意味になることも。これは文脈から判断することが必要です。

使われ方によって良くも悪くも取れる表現と言えますので、問題などで見かけた場合はしっかり読み解きましょう。自分で使ってみる場合も、相手に失礼にならないように注意したいところです。

「親の欲目」の語源は?

次に「親の欲目」の語源を確認しておきましょう。もともと「欲目」だけでも「自分に都合よく物を見てしまう見方のこと」という意味で使うことができる熟語で、これに「親の」という言葉が付いて家族的な愛情などに限定するために使われるようになったのがこの言葉です。

このため、「親の」以外の言葉を頭につけることも可能。たとえば、「親戚としての欲目」「幼馴染の欲目」「ファンの欲目」などなど。頭につく単語によって、意味が強調されることがわかるのではないでしょうか。

「幼馴染の~」なら、幼い頃からの長い付き合いで良く知っているため、思わず甘く評価してしまう感じが伝わります。良いところも悪いところも知っているため兄弟のように甘くなってしまうのか、あるいは淡い恋心だったり?と、色々と想像して理解を深めましょう。

\次のページで「「親の欲目」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: