雑学

3分でわかる!オンデマンド授業とオンライン授業とは?配信方法や特徴の違いも雑学コレクターがわかりやすく解説!

その1:好きな場所で授業を受けられる

オンライン授業の特徴としてインターネットを介して授業を行うため、通常の授業とは異なり自分の好きな場所で授業を受けることができます。さらにオンライン授業ではリアルタイムで教師と生徒が顔を合わせながら授業を行うため、教師も生徒がどのように学習しているのか確認することができ、生徒の学習に対するモチベーションの低下を抑制する効果も期待できるでしょう。

ただオンライン授業にはデメリットも。それはしっかりしたインターネット環境が必要になることです。オンライン授業を受ける際に少しでも電波が悪くなると、映像が乱れたり固まったりする場合があります。そうなると、授業どころではなくなってしまい学習の妨げになってしまう恐れも。ご家庭でオンライン授業を受ける際には、安定したネット環境を作ることも忘れないようにしましょう。

その2:質問することができる

オンライン授業は普段の授業となんら遜色なく行うことができるため、授業の中で分からないところがあった際にはその場で質問をすることができます。オンデマンド授業とは違いすぐに回答をもらうことができるため、分からない事をそのままにすることなく授業に臨むことができるでしょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

オンデマンド授業とオンライン授業の特徴を比べてみると、お互いの短所と長所を合わすことができたら欠点がなくせそうに感じるな。次章ではそんなオンデマンド授業とオンライン授業を、組み合わせたブレンド授業というものがあるようだ。一体どんな授業方式なのかみてみよう。

いいとこ取りのブレンド型授業

みなさんはオンデマンド授業とオンライン授業の特徴を合わせたブレンド授業というのをご存知でしょうか。ブレンド授業とは一体どのようなものなのかみていきましょう。

ブレンド型授業とは

ブレンド型授業は、オンデマンドとオンラインの両方を組み合わせてそれぞれの利点を活かした授業形式のことを指します。学習の進め方としては、

・オンデマンドを活用して、事前に生徒には次のオンライン授業で行う内容を予習してもらう。
・オンライン授業でオンデマンドにあった動画教材での補足説明やフィードバック、応用的な問題を中心に行う。

などというように、オンデマンド授業とオンライン授業の欠点を補いつつ良い特徴を合わせた授業形態をしています。そのためブレンド型授業はオンデマンド授業とオンライン授業よりも、学習効率の良い方法といえるでしょう。

オンデマンド授業とオンライン授業をうまく活用しよう

オンデマンド授業やオンライン授業が登場したことにより、通常の授業とは違い場所の制限がなくなり自由度は上がりました。ですがその反面生徒の自主性が求められるようになり、真面目に取り組んだ者とそうでない者とでは、差がつきやすい環境になったとも言えます。オンデマンド授業とオンライン授業をうまく活用してライバルと差をつけてしまいましょう。

1 2
Share: