家庭科

小麦粉は劣化しやすい?製造方法やおすすめの食べ方・保存方法について管理栄養士が詳しくわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事では小麦粉の食べ方や保存方法について見ていくぞ。小麦粉は開封しても一度に使いきれないことが多いよな。小麦粉は匂いが付きやすかったり湿度に弱い食品だ。開封後の保管方法によってその後の品質が大きく左右されるぞ。正しい保存方法に加えておすすめの食べ方についても管理栄養士のツキアオイと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ツキアオイ

1児の母として育児に奮闘中の管理栄養士ライター。お菓子作りが好きで小麦粉が安いとまとめ買いをしている。病院や介護施設での経験を活かし、食に関して分かりやすく解説する。

小麦粉ができるまで

image by iStockphoto

昔の小麦粉の製造方法は小麦を細かく砕いてふるいにかける、というシンプルな方法でした。ただしこれでは表皮が入ってしまい食感が良くないという欠点がありました。

現在では砕いてふるいにかける工程を何度も繰り返し、表皮や異物を取り除きます。機械や技術が進歩したおかげで表皮の混入はほとんど無くなったのですよ。こうして私たちがよく目にするような白い小麦粉が作られています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

小麦の表皮は軽いから風で飛ばして取り除く方法が主流だぞ。今ではほとんどの工程を機械で行うことができるから衛生管理もしやすいよな。次は小麦粉を使ったおすすめの料理について見ていくぞ。

\次のページで「おすすめの食べ方4選」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: