IT・プログラミング雑学

RubyとRailsの違いとは?簡単にアプリが作れる?特徴や使い方もプログラマーがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。RubyとRailsってあるよな。プログラミング言語とフレームワークという違いがあるらしいが、フレームワークってプログラミング言語とどう違うんだと思わないか。それを使うと何がうれしいのかわかりづらいよな。RubyとRailsの生まれた背景やその特徴、使い方までプログラマでもあるライターのwoinaryと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/woinary

某社で社内向け業務システムの開発、運用を30年近くやっていたシステム屋さん。会社内で使うWebアプリの作成経験もあります。現在はフリーランス。ガジェットやゲーム、ラノベが大好きなおっさんです。

RubyとRailsの違いは?

image by iStockphoto

世の中には色々なWebアプリやWebサービスがあります。それらはプログラミング言語を使って作成されているわけです。Rubyもそのプログラミング言語のひとつ。そして、RailsはRubyでプログラミングする際に使うフレームワークです。

ざっくりと説明するとこのような説明になりますが、フレームワークとは?Webアプリをどうやって作るの?という疑問がわいてきますよね。ここではRubyやRailsの特徴や、そもそもフレームワークとは何か、そしてどう使うのかを解説していきます。

Ruby:プログラミング言語

Rubyは1995年にまつもとゆきひろが開発したプログラミング言語です。オブジェクト指向スクリプト言語とも呼ばれています。その後の新機能の追加も頻繁です。

オブジェクト指向をはじめ、様々なプログラミング言語のよい部分を取り入れているのが特徴。日本で生まれたプログラミング言語ですが世界で使われています。国際電気標準会議(IEC)で国際規格として認められた日本で初めてプログラミング言語です。世界で通用するプログラミング言語ということですね。

Rails:Rubyのフレームワーク

RailsはRubyで主にWebアプリをつくるためのフレームワークです。正式名称は「Ruby on Rails」で、RoRとか単にRailsと略します。

この「Rails」とはレール、つまり線路のこと。鉄道は自動車と違い線路のあるところにしか行けないですよね。その代わり、自動車やバスと比べると多くの人や荷物を運ぶことができます。Railsもこの仕組みに乗ることで簡単にアプリを作成できるので「Ruby on Rails」と名付けられました。自分で運転しなくても、列車に乗れば楽に目的地に到着できるというわけです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

Rubyはプログラミング言語、そのRubyでWebアプリを簡単につくるために使うフレームワークがRailsだ。Railsとは線路のことだな。鉄道に乗れば楽に目的地にたどり着ける。しかし、決まった時刻表でしか列車はないし、他の乗客も一緒になるといった色々な制約がある。次はフレームワークとは何か、制約とはどういうことかを説明していくぞ。

フレームワークってなに?簡単アプリ作成術

image by iStockphoto

Railsはフレームワークです。では、フレームワークとはなんでしょう?英語では骨格や枠組みといった意味になります。RailsはWebアプリやモバイルアプリをつくるための骨格ということです。ここではフレームワークとは何かを説明していきます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: