国語言葉の意味

【慣用句】「口を拭う」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「口を拭う」について解説する。

端的に言えば「口を拭う」の意味は「素知らぬふりをする」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んだ。一緒に「口を拭う」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「口を拭う」の意味をわかりやすく伝える。

「口を拭う」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 43247787

それでは早速「口を拭う」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「口を拭う」の意味は?

「口を拭う」には、次のような意味があります。

何か悪いことをしていながら素知らぬふりをする。また、知っていながら知らないふりをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「口を拭う

「口を拭う」は「くちをぬぐう」と読み、何かの物事において悪事を働いた、または何かを知っているにも関わらず知らないふりをする際に使用する慣用句です。「拭う」はあまり見かけない漢字ですから、しっかり読み書きできるようにしておきましょう。

「口を拭う」の語源は?

次に「口を拭う」の語源を確認しておきましょう。「口を拭う」は元々実際に「口をふく」という動作の意味も持っているのですが、語源もそこから来ています。具体的には盗み食いの後、口をふいて素知らぬ顔をする意から「知らないふりをする」という意味になったと言われていますから、一目置かれる存在になるためにもしっかりこの由来も覚えておくのがおすすめです。

「口を拭う」の使い方・例文

「口を拭う」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. 口を拭っているのはバレているんだぞ。日本国内で生産された精選された食材を盗んだのはお前だろう。
2. 今日この場所にいる誰かが口を拭っていることは明確です。さあ、みんなで目をつぶって、悪事を働いた人は手を挙げて教えてください。
3. 私、このお知らせは絶対にあなたに伝えたはずなのに、何で口を拭うのよ。そんなことに何の意味があるのか、さっぱりわからないわ。

例文の1と2では悪事を働いたにもかかわらず知らないふりをする際に、例文3では知っているけれども知らないふりをする際に「口を拭う」が使用されていることがわかりますね。このように微妙に異なる2つの意味がありますから注意しておきましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「口を拭う」について、まずは意味と読み方、語源、使い方と例文を見てきた。知らんぷりの対象は「悪事」か「知っていること」の2つがあって、微妙に意味や使い方が違うから注意しておけよ。「口」と「拭う」はそれぞれ様々な意味を持っているから、ついでに確認しておくと良いな。引き続き類義語や英訳なども見てみよう。

「口を拭う」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 8120508

それでは次に、「口を拭う」の類義語を3つほどピックアップしましたので、見ていきましょう。

次のページを読む
1 2
Share: