国語言葉の意味

【慣用句】「割を入れる」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「割を入れる」について解説する。

端的に言えば「割を入れる」の意味は「仲裁者を入れる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んだ。一緒に「割を入れる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「割を入れる」の意味をわかりやすく伝える。

「割を入れる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 28180479

それでは早速「割を入れる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「割を入れる」の意味は?

「割を入れる」には、次のような意味があります。

1. 仲裁者を入れる。
2. 衣服や帯などで、別の布を間に入れて縫い、幅を広げる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「割を入れる

「割を入れる」は「わりをいれる」と読み、何かの物事において揉めたり問題が生じたりした際に仲裁者を入れることを指す慣用句です。上述した2のように、別の布を縫って広げるという意味もありますが、今回は1の意味について解説していきます。

「割を入れる」の語源は?

次に「割を入れる」の語源を確認しておきましょう。「割を入れる」の語源は明確ではありませんが、2つの言葉がくっついた慣用句ですから、それぞれの意味を確認してみます。

まず「割」はここでは「仲裁」のことですね。「割」そのものに「仲裁」の意味があることをしっかりと覚えておきましょう。次に「入れる」は「間にはさむ」のことです。そのため「割を入れる」を丁寧に言いまわすと「仲裁を間にはさむ」となることがわかりましたね。

「割を入れる」の使い方・例文

「割を入れる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. こんな場所でそんな激しい喧嘩を始められても困ってしまうよ。ちょっと割を入れるから待ってくれるかい。
2. 演奏者と指揮者の解釈が異なったから、演奏会休止のお知らせの準備をしてって聞いたけれど、まず割を入れた方が良いんじゃないだろうか。
3. 日本への輸入制限がずっと続いているのは、諸外国との微妙な関係に起因している。どこか中立な国の割を入れて、関係改善を図る必要がある。

どの例文においても何らかの問題や課題が生じていて、その仲裁を必要としている場面で「割を入れる」が使用されていることがわかりますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「割を入れる」について、まずは意味と読み方、語源、使い方と例文を見てきた。布に関する意味もあるから念のため覚えておけよ。「割」と「入れる」はそれぞれ様々な意味を持っているから、ついでに確認しておくと良いな。引き続き類義語や英訳なども見てみよう。

「割を入れる」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 25108196

それでは次に、「割を入れる」の類義語を3つほどピックアップしましたので、見ていきましょう。

次のページを読む
1 2
Share: