IT・プログラミング雑学

3分でわかるSRAMとDRAMの違い!リフレッシュ処理って何?特長や用途の違いも現役エンジニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。パソコンの記憶領域をつかさどるパーツ「メモリ」。
そんな「メモリ」には「SRAM」と「DRAM」という種類があるが、いったいこの2つの違いは何なんだろうな。
今回は「SRAM」と「DRAM」の違いについて、現役エンジニアのおおつけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

そもそもRAMって何?

image by iStockphoto

パソコンを購入すると、必ず中に入っているパーツがメモリという記憶装置です。このメモリは「SRAM」と「DRAM」に大別されます。しかしまず「RAM」が何なのかわからない人も多いでしょう。ここではまず「RAM」の概要について解説していきます。

RAM:データに直接アクセスできるメモリ

そもそも「RAM」とはCPU(パソコンの脳みそ的なパーツ)から直接データにアクセスできるメモリのことです。例えて言うならCDやDVDは曲を選んで再生できますが、VHSやカセットテープは巻き戻しなどが必要なため曲を選んで再生できませんよね。「RAM」は前者のようにアドレス(メモリ上の住所)に各データを保存することで、アクセスを容易にしているメモリなんです。そのため高速な処理が可能になります。

CPUからの命令は優先度が高く高速な処理が求められるため、パソコンの処理スペックに直結しているパーツなんです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「RAM」とはデータに直接アクセスできるメモリ、つまり記憶装置のことなんだな。CPUからの命令を処理するスピードに直結しているため、「RAM」次第でパソコンスペックは異なるようだ。「パソコンを買う時はRAMにこだわれ」と言われる理由はここにあったのか。

SRAMとDRAMの違い

image by iStockphoto

「RAM」が何を意味しているかをご理解いただけたところで、何となく「SRAM」と「DRAM」が「RAM」から派生した言葉だというイメージはついたのではないでしょうか。では具体的に「SRAM」と「DRAM」の違いに迫ってみましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: