IT・プログラミング雑学

3分でわかるSQLとMySQLの違い!構文は一緒?データベースとの関係性も現役エンジニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。IT技術を学習していると必ずと言っていいほどぶつかる言葉が「SQL」だ。しかし似た言葉に「MySQL」という言葉もある。
なんとなくデータベースに関係していそうな言葉と思いつつ、はっきりとした違いが分からない人もいるだろう。
今回は「SQL」と「MySQL」の違いについて、現役エンジニアのおおつけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

SQLとMySQLの違い

image by iStockphoto

デジタル社会においてデータベースは切り離せないものになっています。私たちの普段の行動はデータとなり、逐一データベース上で作成、読み込み、更新、削除をされているのです。そんなデータベースについて学習しだすと、必ずと言っていいほど聞く言葉が「SQL」と「MySQL」。英語2文字しか違わないこの言葉たちには、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

SQL:データベースを操作するためのコンピュータ言語

まず「SQL」はデータベースを操作するためのコンピュータ言語の一つであり、データベースそのものではありません。データベースを操作したい場合、プログラム上にこの「SQL」を記述することで、システムはデータベースにアクセスして操作してくれるのです。

MySQL:データベースの1つ

これに対して「MySQL」はデータベースの1つ、つまり言語ではなくシステムに該当します。OSS(オープンソースソフトウェア)という、システムのソースが無償で一般公開されているのが特長のデータベースです。1995年とリリースが古いこともあり、現在では世界で最も普及しているデータベースにあたります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「SQL」はデータベースを操作するための言語で、「MySQL」はデータベースそのものだったんだな。

SQLとMySQLで何ができる?

image by iStockphoto

「SQL」はコンピュータ言語、「MySQL」はデータベースということまでわかりました。ではこれらを使って具体的にどんなことができるのでしょうか。ここでは「SQL」と「MySQL」で実現可能なことを解説していきます。

次のページを読む
1 2 3
Share: