トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜です。美容効果や免疫力アップも期待でき、メディアにもよく取り上げられ大人気の野菜ですが、そんなトマトの栄養を効果的に摂る食べ方は知っているかな。この記事ではトマトの効果的な食べ方や簡単で美味しいレシピ、またトマトの下処理、保存方法も、主婦歴18年のママライター猫山メイコと一緒に解説していきます。

ライター/猫山メイコ

主婦歴18年のママライター。 野菜を使ったアレンジレシピが得意。 「家族にできるだけ健康的な料理を!」をモットーに日々奮闘する傍ら、カフェや保育園で調理やサービスの仕事を担当。 この経験を生かして、食にまつわる様々な知識や疑問をわかりやすく紹介・解説していく。好きなトマト料理はカプレーゼ。

トマトの正しい下処理は?

一年中手に入りやすい栄養豊富なトマトは、生でも加熱しても美味しくとても使いやすい野菜です。ここからはトマトの基本的な下処理について解説していきますね。

トマトのへたを取る方法

トマトのへたを取るときに、食べられる果実の部分まで取ってしまうことってありませんか。トマトのへたの取り方は丸ごとか半分かで異なります。食べられる部分まで取らないようにするには以下の方法がおすすめです。

丸ごとのトマトのへたを取る場合は、包丁の先端をヘタの近くに刺し、トマトを回しながらへたに沿って一周切り込みを入れます。そしてへたをくり抜くようにして取ってください。

半分のトマトのへたを取るときは、半分に切ったトマトのへたの部分に、V字になるように左右に切り込みを入れて取ってください。

トマトの湯むきってどうやるの?

image by iStockphoto

トマトは皮ごと食べられますが、料理によっては湯むきした方が良いものもあります。トマトの皮は煮ても焼いても残ってしまいますので、煮込み料理などの場合は皮が残り口当たりが悪くなることも。また上品な味わいの料理や和え物、離乳食も湯むきをおすすめします。では湯むきする場合は以下の方法で試してみてくださいね。

1.トマトはへたをくり抜き、反対側の部分に浅く十字に切り込みを入れる。
2.鍋に湯を沸かし、お玉や穴杓子などにトマトをのせ、湯に10秒~15秒ほどつけ、切れ目から皮がめくれてきたら取り出す。
3 一旦冷水につけ、取り出したら皮をむく。

\次のページで「トマトの効果的な食べ方は?」を解説!/

トマトの効果的な食べ方は?

トマトには様々な栄養素が含まれていますが、効果的に摂るためにはどうすればよいのでしょうか。ここからはトマトの代表的な栄養素である、リコピンとビタミンCを効果的に摂る方法について解説していきますね。

1.加熱して摂るリコピン

トマトに含まれるリコピンの栄養素を効果的に摂りたい場合は加熱してください。強い抗酸化作用で体の調子を整えてくれるリコピンは、加熱すると細胞壁が壊れるため、体内で吸収されやすくなります。さらにリコピンは脂溶性の栄養素なので、油と一緒に食べることで吸収率がアップしますよ。

トマトソースやシチュー、スープなど加熱調理して食べるのがおすすめです。油で卵と炒めたり、トマトソースピザにオリーブオイルをかけて食べるのもいいですね。

また、加熱することでトマトに含まれる旨み成分であるグアニル酸が増加するので、うま味もアップします。

2.生で摂るビタミンC

トマトには美肌効果や風邪予防に役立つビタミンCなどが豊富に含まれています。しかしビタミンCは熱に弱いため、効果的に摂るためには生で食べるのがおすすめ。サラダや冷やしトマトなどで、熱を通さずに美味しく食べてくださいね。

おすすめのトマト料理3選

image by iStockphoto

とっても簡単なのに本格的な味わいのトマト料理を3品ご紹介しますね。よかったら作ってみてください。

その1.速攻イタリアン、トマトのカプレーゼ

まずはトマトのカプレーゼのご紹介です。お好みで塩をハーブソルトに変えたり、バジルをちぎってのせたりしてもとっても美味しいですよ。

1.トマトのへたを取り、薄くスライスする。
2.お皿にのせて塩をふり冷蔵庫で10分おく。
3.オリーブオイルを回しかけ、仕上げに粉チーズを振りかける。

その2.ひんやり美味しい出汁トマト

次は出汁トマトです。見た目も味も上品で、作り置きができるのでとっても重宝しますよ。

1.トマトを湯むきする。
2.ボウルに水300㎖と白だし100㎖を合わせ、湯むきしたトマトを入れラップをする。
3.冷蔵庫で二時間冷やせば出来上がり。お好みで仕上げに大葉の千切りをのせる。

その3.簡単豪華なトマトのチーズ焼き

そして三つ目はトマトのチーズ焼きです。きのこやベーコンをプラスするなど、アレンジは無限大。薄く切ったバゲットにのせて食べるのもおすすめですよ。

1.へたを取りトマトを輪切りにする。玉ねぎをみじん切りにする。
2.耐熱容器にオリーブオイルを絡めたトマトを並べ、玉ねぎをちらす。
3.塩コショウ少々をして、オーブントースターで5分ほど焼く。
4.とろけるチーズをのせて、再び焼き目をつける。

\次のページで「トマトの保存方法は?」を解説!/

トマトの保存方法は?

トマトは比較的高い気温の下で栽培されるため、寒さに強くありません。しかし、すぐに使いきれないときは冷蔵庫などで保存することになります。ここからはできるだけ美味しさや栄養を長持ちさせる、トマトの保存方法をご紹介しますね。

保存はチルド室?野菜室?

生のトマトを美味しく食べたいときは、冷蔵庫での保存がおすすめです。しかし、トマトに適した保存温度は10℃前後といわれていますので、野菜室(7~10℃)に入れてください。5℃以下で保存すると低温障害を起こして食感や風味が落ちてしまうので、冷やし過ぎには注意が必要です。

冷蔵保存のコツ

トマトは野菜や果物の老化を促すエチレンガスを出すので、同じ空間で保存すると、他の野菜や果物が影響を受けて熟しやすくなったり傷んでしまうことも。ラップで包むか袋にいれるようにしてくださいね。また寒さや外部からの衝撃に弱いため、鮮度を長持ちさせるためには次のような保存方法がおすすめですよ。

1.1個ずつキッチンペーパーで包む
2.包んだトマトをヘタ側を下にして、保存用ポリ袋に入れる
3.冷蔵庫の野菜室に入れる

トマトは冷凍保存もできる!

image by iStockphoto

トマトを熱を加える料理に使う場合は、冷凍保存がおすすめです。収穫直後の新鮮なトマトを冷凍すればとれたての栄養を失うことなく保存できるので、常温保存のものよりもビタミン類や抗酸化物質を多く摂取することができます。

調理の際は凍ったまま加熱すれば煮込み料理やスープなどが作れますし、凍ったまますりおろして冷たいスープにしても美味しいですよ。ぜひ試してみてくださいね。

効果的にトマトの栄養を美味しく摂ろう!

たくさんの栄養素を含み、体の調子を整えてくれるトマト。基本的な下処理の仕方はわかりましたか。簡単なレシピもたくさんありますので、効率の良い食べ方を取り入れてトマトの栄養を美味しく摂りましょうね。

" /> トマトの効果的な食べ方は?下処理や保存方法も主婦歴18年のママライターが詳しくわかりやすく解説 – Study-Z
家庭科

トマトの効果的な食べ方は?下処理や保存方法も主婦歴18年のママライターが詳しくわかりやすく解説


トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜です。美容効果や免疫力アップも期待でき、メディアにもよく取り上げられ大人気の野菜ですが、そんなトマトの栄養を効果的に摂る食べ方は知っているかな。この記事ではトマトの効果的な食べ方や簡単で美味しいレシピ、またトマトの下処理、保存方法も、主婦歴18年のママライター猫山メイコと一緒に解説していきます。

ライター/猫山メイコ

主婦歴18年のママライター。 野菜を使ったアレンジレシピが得意。 「家族にできるだけ健康的な料理を!」をモットーに日々奮闘する傍ら、カフェや保育園で調理やサービスの仕事を担当。 この経験を生かして、食にまつわる様々な知識や疑問をわかりやすく紹介・解説していく。好きなトマト料理はカプレーゼ。

トマトの正しい下処理は?

一年中手に入りやすい栄養豊富なトマトは、生でも加熱しても美味しくとても使いやすい野菜です。ここからはトマトの基本的な下処理について解説していきますね。

トマトのへたを取る方法

トマトのへたを取るときに、食べられる果実の部分まで取ってしまうことってありませんか。トマトのへたの取り方は丸ごとか半分かで異なります。食べられる部分まで取らないようにするには以下の方法がおすすめです。

丸ごとのトマトのへたを取る場合は、包丁の先端をヘタの近くに刺し、トマトを回しながらへたに沿って一周切り込みを入れます。そしてへたをくり抜くようにして取ってください。

半分のトマトのへたを取るときは、半分に切ったトマトのへたの部分に、V字になるように左右に切り込みを入れて取ってください。

トマトの湯むきってどうやるの?

image by iStockphoto

トマトは皮ごと食べられますが、料理によっては湯むきした方が良いものもあります。トマトの皮は煮ても焼いても残ってしまいますので、煮込み料理などの場合は皮が残り口当たりが悪くなることも。また上品な味わいの料理や和え物、離乳食も湯むきをおすすめします。では湯むきする場合は以下の方法で試してみてくださいね。

1.トマトはへたをくり抜き、反対側の部分に浅く十字に切り込みを入れる。
2.鍋に湯を沸かし、お玉や穴杓子などにトマトをのせ、湯に10秒~15秒ほどつけ、切れ目から皮がめくれてきたら取り出す。
3 一旦冷水につけ、取り出したら皮をむく。

\次のページで「トマトの効果的な食べ方は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: