家庭科

トマトの旬っていつ?新鮮なトマトの選び方や種類も主婦歴18年のママライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。身近な存在のトマトだが、意外と知られていないことも多い。例えば、夏野菜というイメージが強いが、実は本当の旬は夏ではないと知っていたかな?今回はトマトの本当の旬や、美味しいトマトの選び方や種類についても主婦歴18年のママライター猫山メイコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/猫山メイコ

主婦歴18年のママライター。 野菜を使ったアレンジレシピが得意。 「家族にできるだけ健康的な料理を!」をモットーに日々奮闘する傍ら、カフェや保育園でも調理の仕事を担当。 この経験を生かして、食にまつわる様々な知識や疑問をわかりやすく紹介・解説していく。

トマトの旬っていつ?

image by iStockphoto

日本では昔から夏に多く収穫されることから、トマトは夏の野菜と思われているようです。しかし、トマトの原産地である南米アンデス山脈は、日差しは強いものの清涼な気候。実はトマトは気温が高い夏はもともと苦手な野菜なのだそうです。

一年中スーパーやショップで手に入るトマトですが、本当の旬はいつなのでしょうか。ここからはトマトの旬について解説していきますね。

トマトの旬は夏じゃない?

トマトは春から初夏より、夏の時期の方が生育が早いという特徴があります。実が大きくなるスピードが早いため、糖度が上がる前に収穫することになり、春から初夏のものに比べると比較的水分が多く、味が薄いものが多くなってしまうのだそうです。

意外にも日本でトマトが美味しくなるのは、春から初夏の時期と、秋から初冬の時期。この時期に収穫されるのトマトは生育がゆっくりで、実の糖度が上がるまで待てるので、甘みが強く濃い味の美味しいトマトを収穫することができます。

トマトが美味しい旬の時期は春と秋。たくさん出荷される量的旬は夏ということですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

夏野菜というイメージが強いトマトだが、美味しい旬の時期が春や秋だったとは驚きだ。季節ごとに食べ比べて確かめてみるのも面白いぞ。ではここからはトマトの種類について解説していくぞ。

トマトにはどんな種類があるの?

トマトと一言で言っても、実に様々な種類があります。世界中には10000種類を超える品種があり、日本では240種類ほどが栽培されているといわれているんです。しかも品種改良によって次々と新しい品種が生み出されています。ここからは、そんなトマトを色や大きさの種類に分けて解説していきますね。

種類1.色

image by iStockphoto

トマトにはさまざまな色をした商品があります。トマトが人気の野菜なのは、鮮やかな色や見た目の可愛さも一因ではないでしょうか。ここからはトマトを色の種類をピンク、レッド、グリーンの3つに分けてご紹介しますね。

\次のページで「ピンク系:桃太郎、ファーストトマト」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: