IT・プログラミング雑学

3分でわかるコマンドプロンプトとPowerShellの違い!Windows以外で使えるの?現役エンジニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。CUI(キャラクタユーザインターフェース)として有名な「コマンドプロンプト」と「PowerShell」。
どちらも画面から処理を実行できる機能だが、この2つの違いは何なんだろうな。
今回は「コマンドプロンプト」と「PowerShell」との違いについて、おおつけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

PowerShellとコマンドプロンプトの違い

image by iStockphoto

IT技術者としてパソコンを操作していくと、CUIを操作する機会もありますね。このCUIの代表格が「コマンドプロンプト」と「PowerShell」です。しかし両者の違いがわからない初心者の方も多いでしょう。ここでは「コマンドプロンプト」と「PowerShell」の違いについて解説していきます。

コマンドプロンプト:WindowsのCUI

コマンドプロンプトはWindowsというOSの標準CUIです。CUIとは普段マウスで行っている操作をコマンド、つまりキーボードによる文字入力で操作するための機能。Windowsから起動すると、黒いバックグラウンドカラーのサブウィンドウ状態で表示されるので、少しとっつきにくいイメージを持つかもしれませんね。

PowerShell:コマンドプロンプトの強化版

これに対し「PowerShell」は「コマンドプロンプト」の強化版に当たります。Microsoft社が「コマンドプロンプト」の上位互換として開発したのが「PowerShell」。豊富な機能が追加されています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「コマンドプロンプト」と「PowerShell」はどちらもCUIで、「コマンドプロンプト」の強化版が「PowerShell」なんだな。意外と単純な違いだったぜ。

それぞれ何ができるの?

image by iStockphoto

「コマンドプロンプト」と「PowerShell」の違いについてわかったところで気になるのは、「結局何ができるのか」ということですよね。ここでは「コマンドプロンプト」とその強化版である「PowerShell」ができることを解説していきます。

次のページを読む
1 2 3
Share: