テレビやパソコンのモニターなどでよく使われる「4K」と「フルHD」。
家電量販店などで製品を眺めているときに、この2つの違いがわからず迷った人もいるんじゃないか?
今回は「4K」と「フルHD」の違いについて、現役システムエンジニアのおおつけと一緒に解説していきます。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

4KとフルHDの違い

image by iStockphoto

テレビやモニターなどのディスプレイ機器を購入するとき、価格やサイズと同じくらい意識するのが「4K」か「フルHD」かですよね。ですが実際のところ、この2つの違いがよくわかっていない人も多いはず。ここでは「4K」と「フルHD」の違いについて解説していきます。

4K:解像度が3840×2160

「4K」は解像度が3840×2160で出力できる規格のことです。「K」は末尾3桁の0を省略した表現、つまりは1000倍を表す記号。1000mが1kmと言い換えられるのと同じですね。実際の横の解像度は3840なので厳密には「3.8K」となるところですが、繰り上げて「4K」としています。一般的に高精細ディスプレイと呼ばれるものは「4K」以上です。

フルHD:解像度が1920×1080

これに対し「フルHD」は「フルハイビジョン」とも呼ばれ、解像度が1920×1080です。「HD」は「High Difinition」、つまり高解像度の略で、ハイデフという呼称もあります。スマホなどのモバイル端末で使われることが多いです。「4K」と同様の考え方をするのであれば、「フルHD」は「2K」であるとも言えます。

画質が良いのはどっち?

image by iStockphoto

「4K」と「フルHD」の違いについてわかったところで、次に気になるのははたしてどちらのほうが画質が良いかですよね。むしろ一番気になる所ではないでしょうか。ここでは両者の画質について解説していきます。

\次のページで「画質は4Kのほうが良い」を解説!/

画質は4Kのほうが良い

結論として画質は「4K」のほうが良いと言えます。解像度とは画像や映像をどれだけ細かく表現できるかを表す指標です。もっと詳しく言えば、ディスプレイは画素(画面を構成する点)へ光を当てることで画像や映像を出力します。解像度とはこの画素の密度を表しており、高密度であるほど輪郭がなめらかに、つまり美しい画質になるのです。

小さな画面で見るなら大きな差はない

では何でもかんでも「4K」の方が良いかというとそうではありません。ものによりますが、「4K」は「フルHD」の2倍の画質であると同時に、価格も2倍程度であることが多いです。また撮影機材などのコストもかかるため、「フルHD」の動画の方が一般的に普及しています。

そもそも「4K」の真価が発揮されるのは大型テレビなどの大画面です。大画面でないと、画素が高密度なことによるなめらかな表現の恩恵をあまり感じられません。そのためスマホなどの小さな画面で見る分には大きな差はないと言えます。

フルHD端末で4K動画を見ることはできる?

image by iStockphoto

「4K」と「フルHD」の画質についてわかったところで、「4K」の高画質を味わってみたい人もいるのではないでしょうか。しかし自宅の端末が「フルHD」までの対応でしたら、そうもいきませんよね。こんなとき「4K」端末を買わずに「フルHD」端末で「4K」映像を楽しむことはできるのでしょうか。

見ることはできるが画質は変わらない

「フルHD」端末で「4K」映像を見ること自体は可能です。しかしダウンコンバート(高解像度を低解像度に変換すること)されるため、「フルHD」端末の画質に下がってしまいます。よって「4K」のゲームや番組を楽しみたいのであれば、「4K」出力可能な端末を購入するしかありません。

\次のページで「4KとフルHDでは画素数が違う」を解説!/

4KとフルHDでは画素数が違う

ここまで「4K」と「フルHD」の違い、どちらのほうが画質が良いのか、そして「フルHD」端末で「4K」が見れるのかというところを解説してきました。この記事を読む前よりも、ディスプレイ機器に関する理解がだいぶ進んだのではないでしょうか。家電量販店などで実際に比較してみたいと思った方もいるかもしれません。

「8K」など「4K」を上回るディスプレイ機器もぞくぞくリリースされています。今後も技術の発展とともに、より美しい映像を楽しめるようになるでしょう。

" /> 3分でわかる4KとフルHDの違い!画質が良いのはどっち?特長や互換性も現役エンジニアがわかりやすく解説 – Study-Z
IT・プログラミング雑学

3分でわかる4KとフルHDの違い!画質が良いのはどっち?特長や互換性も現役エンジニアがわかりやすく解説

テレビやパソコンのモニターなどでよく使われる「4K」と「フルHD」。
家電量販店などで製品を眺めているときに、この2つの違いがわからず迷った人もいるんじゃないか?
今回は「4K」と「フルHD」の違いについて、現役システムエンジニアのおおつけと一緒に解説していきます。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

4KとフルHDの違い

image by iStockphoto

テレビやモニターなどのディスプレイ機器を購入するとき、価格やサイズと同じくらい意識するのが「4K」か「フルHD」かですよね。ですが実際のところ、この2つの違いがよくわかっていない人も多いはず。ここでは「4K」と「フルHD」の違いについて解説していきます。

4K:解像度が3840×2160

「4K」は解像度が3840×2160で出力できる規格のことです。「K」は末尾3桁の0を省略した表現、つまりは1000倍を表す記号。1000mが1kmと言い換えられるのと同じですね。実際の横の解像度は3840なので厳密には「3.8K」となるところですが、繰り上げて「4K」としています。一般的に高精細ディスプレイと呼ばれるものは「4K」以上です。

フルHD:解像度が1920×1080

これに対し「フルHD」は「フルハイビジョン」とも呼ばれ、解像度が1920×1080です。「HD」は「High Difinition」、つまり高解像度の略で、ハイデフという呼称もあります。スマホなどのモバイル端末で使われることが多いです。「4K」と同様の考え方をするのであれば、「フルHD」は「2K」であるとも言えます。

画質が良いのはどっち?

image by iStockphoto

「4K」と「フルHD」の違いについてわかったところで、次に気になるのははたしてどちらのほうが画質が良いかですよね。むしろ一番気になる所ではないでしょうか。ここでは両者の画質について解説していきます。

\次のページで「画質は4Kのほうが良い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: