IT・プログラミング雑学

3分でわかる4KとフルHDの違い!画質が良いのはどっち?特長や互換性も現役エンジニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。テレビやパソコンのモニターなどでよく使われる「4K」と「フルHD」。
家電量販店などで製品を眺めているときに、この2つの違いがわからず迷った人もいるんじゃないか?
今回は「4K」と「フルHD」の違いについて、現役システムエンジニアのおおつけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。前職は貿易商社の営業マン。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

4KとフルHDの違い

image by iStockphoto

テレビやモニターなどのディスプレイ機器を購入するとき、価格やサイズと同じくらい意識するのが「4K」か「フルHD」かですよね。ですが実際のところ、この2つの違いがよくわかっていない人も多いはず。ここでは「4K」と「フルHD」の違いについて解説していきます。

4K:解像度が3840×2160

「4K」は解像度が3840×2160で出力できる規格のことです。「K」は末尾3桁の0を省略した表現、つまりは1000倍を表す記号。1000mが1kmと言い換えられるのと同じですね。実際の横の解像度は3840なので厳密には「3.8K」となるところですが、繰り上げて「4K」としています。一般的に高精細ディスプレイと呼ばれるものは「4K」以上です。

フルHD:解像度が1920×1080

これに対し「フルHD」は「フルハイビジョン」とも呼ばれ、解像度が1920×1080です。「HD」は「High Difinition」、つまり高解像度の略で、ハイデフという呼称もあります。スマホなどのモバイル端末で使われることが多いです。「4K」と同様の考え方をするのであれば、「フルHD」は「2K」であるとも言えます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「4K」と「フルHD」の違いは解像度の違いにあったんだな。解像度だけで考えれば、2倍の違いがあるようだ。

画質が良いのはどっち?

image by iStockphoto

「4K」と「フルHD」の違いについてわかったところで、次に気になるのははたしてどちらのほうが画質が良いかですよね。むしろ一番気になる所ではないでしょうか。ここでは両者の画質について解説していきます。

次のページを読む
1 2 3
Share: