国語言葉の意味

【慣用句】「目が早い」の意味や使い方は?例文や類語を元校閲者がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「目が早い」について解説する。

端的に言えば「目が早い」の意味は「見つけるのがすばやい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

建設系広報誌の企画や校閲を6年経験したMaicodoriを呼んだ。一緒に「目が早い」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Maicodori

建設系広報誌の企画・校閲などに6年以上携わり、言葉の意味や使い方を調べることが得意なWEBライター。年間100冊を超える豊富な読書量も活かし、「目が早い」の意味をわかりやすく伝える。

「目が早い」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 19329754

それでは早速「目が早い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「目が早い」の意味は?

「目が早い」には、次のような意味があります。

見つけるのがすばやい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「目が早い

「目が早い」は「めがはやい」と読み、何かの物事や誰か他者を見つけるのがすばやい際に使用する慣用句です。「早く動くものを見つける」という意味ではありませんから、正確に把握しておきましょうね。

「目が早い」の語源は?

次に「目が早い」の語源を確認しておきましょう。「目が早い」の語源は明確ではありませんが、2つの意味がくっついた慣用句ですから、それぞれの意味を確認してみます。

まず「目」は「見分ける力。洞察力。」という意味ですね。物理的な身体器官としての意味ではありませんから注意しておきましょう。次に「早い」は文字通り「ある基準より時間があまり過ぎていない。また、ある基準より時期が前。」のことです。

そのため「目が早い」を丁寧に言いまわすと「(何かの物事や誰か他者を)見分ける力が早い」となることがわかりますね。

「目が早い」の使い方・例文

「目が早い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1. あなた、もうこんなに不良品を発見できたの。目が早いのね、才能があるかもしれないから、チーフマネージャーに言っておくわ。
2. 誤字脱字チェックなら、彼女が目が早いから依頼してみると良いよ。彼女のリソース調整はしておくからさ。
3. 間違い探しなら自信があるんだ。昔から目が早いと言われ続けてきたからね、ファミレスによくあるやつなんか一瞬だよ。

このように「目が早い」は何かの物事や誰か他者を見つける際に使用されていることがわかりますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「目が早い」について、まずは意味と読み方、語源、使い方と例文を見てきた。「見つけるのがすばやい」という意味だから、正確に把握しておけよ。「目」と「早い」はそれぞれ様々な意味を持っているから、ついでに確認しておくと良いな。引き続き類義語や英訳なども見てみよう。

「目が早い」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 59283470

それでは次に、「目が早い」の類義語を3つほどピックアップしましたので、見ていきましょう。

\次のページで「「目ざとい」:見つけるのが早い」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: