家庭科

デーツは生産国や品種で味が違う?種類やおすすめの食べ方も元栄養士が詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。デーツは今注目の健康食品で、ドラッグストアやスーパーで見ることが多くなったな。ドライデーツは原産国や品種によって味わいや食感が違うことは知っているか?日本で手に入りやすい品種の中からそれぞれの違いをみていこう。そして、そのまま食べてももちろん美味しいが、満足感や栄養効能がアップするおすすめの食べ方も、日頃からデーツを食べている元栄養士ライターのはるなつと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/はるなつ

手軽に食べられるビタミン・ミネラルたっぷりの栄養価の高い食べ物を探すことが好きな元栄養士の主婦ライター。さまざまなドライフルーツを日替わりで食べています。

デーツの主な生産国はどこ?

image by iStockphoto

デーツは、エジプトやサウジアラビア、パキスタンなどの中東や、アメリカのカルフォルニア州で多く生産されている果実。2020年の各国生産量トップ10は下記の通りです。生産量が多い10の国で世界のなんと80%以上の量を生産しており、中東の国が占めていますね。アメリカ産のデーツも日本に多く輸入されています。

デーツ(ナツメヤシ)生産量国別ランキング(2020年)
1.エジプト
2.サウジアラビア
3.イラン
4.アルジェリア
5.イラク
6.パキスタン
7.スーダン
8.オマーン
9.UAE
10.チュニジア

出典:デーツ統計情報/OGC

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

デーツを多く生産している国は乾燥や高温地帯が多い。1本の木から15,000個とれるといわれ、木に実ったまま乾燥させる自然のスーパーフードで古くから貴重な栄養源となっていた。生産する国や品種が多く、それぞれ味や特徴も違うんだ。詳しくみていくぞ。

デーツの種類別の特徴と味わいは?

image by iStockphoto

無添加で流通されることが多く、果実そのものの甘さを楽しむことができるデーツ。甘さや味わい、色や大きさ・固さなど種類によってさまざまで、どれにしようか迷ってしまうことはありませんか?3つの種類の産地や特徴をみていきましょう。お好みのデーツを見つける参考にしてくださいね。

1.UAE産クナイジ種

黒砂糖のようなコクがあり、上品な羊かんのような味わいがあります。見た目も黒糖のようで日本人にはなじみがありますね。お茶やコーヒーともあいますよ。デーツクラウンというブランドのグレードの高いものはアラブ王室の御用達にもなります。濃厚ですが皮が柔らかくふっくらとした食べやすい食感です。

\次のページで「2.アメリカ産マジョール種」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: