雑学

1分で分かる1Rと1Kの違い!どっちを選べばいいの?選び方のポイントや特徴も雑学コレクターがわかりやすく解説!

その1:家賃が安い

1Rはなんといってもその家賃の安さが魅力的な物件です。1Kと比べてどれくらい違うのか比較してみましょう。今回は東京23区の中でも家賃が低めの練馬区を例に挙げてご紹介します。

1R:6.17万円
1K:7.27万円

(引用:アパマンショップ、東京都の家賃相場情報)

おおよそ1万円近くもの差がある事がわかりますね。一人暮らしでは家賃を抑えられるかどうかが肝になってくるため、1万円の差はとても大きいものといえるでしょう。

その2:開放感がある

1Rではドアなどの仕切りがないため広々と感じられます。その他にも掃除もしやすい、空調も部屋の隅々まですぐに行き渡り電気代の節約にも繋がるなどの特徴もあるため、一人暮らしの方にはとても魅力的ですね。

ですがその反面、1Rでは玄関を開けると部屋の中が丸見えとなってしまうデメリットも。配達員や訪問者に部屋を見られたくないと思う方は、カーテンやシェラフを活用して目隠しにするなどの工夫を施せば、快適に過ごすこともできるでしょう。

1Kの特徴

image by iStockphoto

続いて1Kの特徴にはどのようなものがあるのかをみてみましょう。

その1:料理がしやすい

1Kでは部屋とキッチンが分かれている間取りであるため、料理をしたとしても部屋に匂いが充満することはありません。そのためよく自炊をする方は1Kのお部屋はおすすめです。ただ部屋に仕切りがある分、1Rと比べると手狭に感じてしまいますが、玄関からは部屋が見えない・空調も1Rよりも効率よく行き渡る、などといったメリットもあります。

\次のページで「その2:部屋のタイプのバリエーションが豊富」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: